札幌 パチンコ 人気店

札幌 パチンコ 人気店

  小さい机を前にして、黙々と書類を片付けているショウ

あなたも好きかも:パチンコ 鬼武者 新台 天井
 知り合いが見たら、熱でもあると思うだろう

「あの子は自分の仕事で精一杯なんです」 がーっと吠えて、机を叩く

   塩田さんはびくっと震え、滑るような動きで席に付いた

「あーあ

面白くないな」 どこかで聞いた台詞を聞き流し、ショウの方へ歩いていく

 恨み節も聞こえてきたようにも思えるが、気のせいだ……

「どう?」「駄目だな」 処理した分と、未処理分の書類

 時間はそれなり掛かっているが、ペースとしてはやや遅い方

 とはいえ出来ていない訳ではなく、モトちゃん達のチェックも入らない

 すでに一人で出来る状態になっている

「駄目ではないでしょ

あなたも好きかも:スロット レイヴ
ねえ、木之本君」「そうだね

これから毎日やれば、ペースはもっと上がるし」 これを毎日、か

  ちょっと気が遠くなってきたな

 とはいえ木之本君達は実際に毎日こういう事をやっている訳で、そこまで行くと想像も出来ない

「止めだ、止め」 遠くから聞こえる、駄々っ子みたいな声

  振り向くと、塩田さんが腕を組んでモトちゃんを見上げていた