セイントセイヤ スロット 最新

セイントセイヤ スロット 最新

「山根たちは?」「タカユキ様をここで見つけてすぐに 街へ食料の買出しに行きました」「そうか

じゃ俺たちも行こうか」メイリンは二人を諌めて、ナンスナーを胸元に入れそして俺を先導して公園を出る

まだ朝早いらしく、道には人通りは無い

あなたも好きかも:相馬 パチンコ イベント
雲ひとつ無い快晴である

ゆっくりと歩き続けて、繁華街までたどり着く

メインストリートの真ん中に山根たちが一杯の布袋を抱えて待っていた

あなたも好きかも:nap オンラインゲーム
「はい、これ重いから早くリュックに詰めてね」ドサッと布袋を山根は俺に渡してくる

ナンマルは食材の袋をもったまま生真面目に「大丈夫でござったか?」「闇の皇帝但馬よ?野宿くらいじゃ風邪も引くわけないって」山根に横から突っ込まれている

「いや、心配してくれてありがとう」道の端に、皆で移りリュックの中へと食材を詰め込み再びパンパンになったそれを俺が背負う

「酒は買ったのか?」セイはそれにしか興味が無いようだ

「沢山買いましたよー

私たちも飲むもんねー」「い、いえ拙者は……」完全に山根に尻に敷かれているナンマルをチラッと見て「じゃ、港の先まで行こうか」「そうですね」メイリンが同意して、率先して歩き出した

みんなでそれに続いて歩いていく

あなたも好きかも:バカラ カフス
繁華街を抜けて港へと入ると、積み入れの作業が始まっていて酒樽が大型の帆船に次々に積みいれられているのが見える