ハーデス パチンコ エアー

ハーデス パチンコ エアー

 一平は、薄暗くなり出した周囲を気にすることなく、肩に掛けている鞄を抱え直した

「なかなか正直に話さんやっちゃな

あなたも好きかも:パチンコ 辛い ランキング
メソメソしそうな奴やぁ思うとってんけど……」「いやー、あれで結構、根性あるんだわ、優樹ちゃんは」 洋一はふざけ口調で苦笑し、それでも、ため息を吐いて校門隣の壁に背もたれ、目線を落とした

「……隠し事、ねえ……」「誰かを探しとるみたいやった」 一平は腕を組んで、真顔で続けた

「なんや、ストーキングされとって、ビクついとる、みたいな、な

なんか隠しとるゆうのんはバレバレやのに」「……つまり、オレらに言えない状況を感じてる、ってことだろうな……」「オレらに言えんこと?」 一平は言葉を繰り返して顔をしかめた

「なんやそれ? どうゆう状況や?」「あいつは、自分の周りにいる奴が危ない目に遭うのを怖がってるんだ

あなたも好きかも:パチンコ 依存 性 原因
平穏無事に、全部が上手くいけばいいって思ってる」「……無理な話しちゃうか?」「そう

それを自分でわかってるから、余計に、距離を空けようとするんだ

あなたも好きかも:大日 パチンコ店
関わらせないように、ってな」「っちゅうか、もう遅いやン? オレら、部活入っとンのやし」「あいつは、それでも壁を作ってるんだよ

……これを壊すのは根気のいる作業だぞ? 中等部から知ってるオレでも、まーだ壊せないからな」 情けなく笑う洋一に、一平は真顔のまま、力なく息を吐いた

「そら……、あいつ背負うとるモンがものごっつぅ大きいゆうのンは、話し聞いただけでもよぉわかるし、人を遠ざけたぁなるンも理解出来るで? ……せやけど、それじゃ、乗り越えられるモンも乗り越えられへんのとちゃうやろか? ……なんやぁ、なんもかんも、あいつが一人でこっそり片付けてまうんちゃうかって気がすンねん

……それで全部終わってまえばエエけど、そんな、簡単な話しちゃうやろ?」「……まあな」「本人おらんトコで、どうこう考えてもしゃーないんやろうけど……、今はあいつから目を離さん方がエエ気がする

……誰かが接触しようとしとるんかも知れん」 真顔の一平に「……そうだな」と、洋一も頷いた

「生美と華音に、極力一緒にいるように話してみる

……立花からメールもらったけど、確かにちょっと、三年と二年の動きが変らしいからな……」「ほな余計や」 一平は深刻そうにため息を吐いた

「しばらく用心したらなぁな……」 深く息を吐きつつも、自分に言い聞かせるように呟く一平に、洋一は苦笑した