パチスロ ハルヒ 導入

パチスロ ハルヒ 導入

 優樹は反町に引っ張られ走りながら顔をしかめた

あなたも好きかも:パチスロ マクロス フロンティア 2 ゾーン
 ……エ……、エ……

 やっと学園に着き、反町は息を切らして、同じく息を切らしている優樹をそっと振り返った

あなたも好きかも:ひぐらし スロット フラッシュ
 優樹は何とも言えない表情で……軽蔑するような目で反町を見ているだけ――

「……ゆ、優樹?」「……」「……

あ、あいつの言うことは信じるな」「……」「……

信じるなっ」「……」「……」 じと……とした視線を向けられ、反町は「……っ」と焦った

「よーっす、今日も仲良く二人で登校かー?」 行き交う生徒たちの間から声がして、反町は振り返るなりダッ! と駆け寄った

「洋一!!」 険しい表情で詰め寄られ、洋一はキョトンとしつつ、戸惑いを露わに一歩後退する

「な、なんだよ? オレ、なにかした?」「そ、そのっ……

あのっ……」「……な、なんだ?」「……

あなたも好きかも:パチンコ ヒーロー戦隊
だ、駄目だっ

おまえじゃ……誤解が広がるっ!」「はぁ?」 顔をしかめる洋一を放って反町は再び優樹の元に戻ると、更に目を据わらせている彼女に焦って首を振った

「違うって! あいつの言うことは全然違う! あいつは昔からそうやってオレのことをバカにして!」「……」「ホントに違うって!」「……」「なんだなんだ? ケンカか?」 洋一は苦笑しながら近寄って、目を据わらせている優樹の顔を覗き込んだ

「優樹ちゃーん

流になにされたのー?」 優樹はフルフル……と拳を握り締め、そして、洋一を見るなり、「……バカァ!!」 大声で怒鳴ってドスッドスッ! と、力強く地面を踏んで校舎へと歩いて行く

その背中を見送って洋一はキョトンとし、そ……と反町を窺った

なんでオレが馬鹿?」 反町はガクッ……と頭を落とした