ネッテラー サインイン

ネッテラー サインイン

魔竜と戦い、生き延びた特別な個体としてのミラに執着があるのだと思っていた

だが、それらは全部僕らが何も知らなかったからなのかもしれない

「アギトも余計なことは考えるな

この日記はここと一緒に葬ろう

マグル、それでいいね」「……ああ」 ばしんと背中を叩かれ、また家捜しに戻れと命令された

だけど……そんなに簡単に切り替えられるわけがない

もしかしたら……いいや、ほぼ確実に

あの男はミラだけを——「——アギトっ! いい加減にしろ! なんども言わせるな、君の不安はあの子に伝播する

飲み込めとも割り切れとも言わない、だが気丈に振る舞う努力はしてみせろ」「っ……は、はい」 厳しい言葉とは裏腹に、マーリンさんは優しく僕を抱きしめてそう言った

あなたも好きかも:スロット フィルター 2 f347
そうだ、一番キツイのはミラなんだ

ただでさえ救えなかったと後悔し続けた相手が、よりにもよって自分を恨んでいたかもしれないなんて

そんなすれ違いを前に平気でなんていられる奴はいない

あなたも好きかも:スパロボ パチンコ 甘
ましてや誰よりも人を好むミラだ、その苦痛は僕では想像も出来ないものになっているかもしれない

あなたも好きかも:パチスロ 検定 更新
「…………アギト

ごめんね、あんまり負担をかけすぎない様にするつもりだったけど

この件についてだけは……」「分かってます

アイツが折れそうな時位は俺が頑張らないと、ですよね」 マーリンさんは僕の頰を撫でながら微笑みかけてくれた

そうだねと小さく頷きながら、彼女はまたゆっくりと僕の事を抱きしめ…………「…………マーリン様……私も…………」「………………お前なぁ……」 なんて締まらないタイミングでくるんだ

さっき抱きしめられてスイッチが入ってしまっているらしい、ミラは自分の事も抱きしめてくださいとマーリンさんのローブを引っ張った