ブラックジャック エロ同人誌

ブラックジャック エロ同人誌

がんばって」「……ルールはそれだけやし

……がんばらな」「そうですね」「……

よっしゃ」 話に笑顔で頷く上島の気配を注意深く窺っていた一平はお椀を置くと、苦しそうな表情で箸を進めるみんなを見回した

あなたも好きかも:麻雀物語2 パチンコ
「おいおまえら、ちょい手伝え

優樹たちはそこにおってエエぞ」 コンロの側に顎をしゃくられたみんなは顔を見合わせ、重い体で椅子を立つとそこに近寄り、気を遣われた形の優樹と伏見は顔を見合わせ、彼らの行動を見守る

 上島がキョトンとした顔で彼らを目で追っていると、一平は集まってきたみんなにボソボソと何かを話し、それが終わるなり、みんなは頷いてそれぞれどこかに向かい出した

「……なに? 何を始めるつもりなんですか?」 調理器具が仕舞っている棚から品定めをする大介と洋一、コンロに火を付けて強火にし、お玉でグルグルと中身をかき混ぜる生美たちの様子を怪訝に見つめながら上島が問うと、一平は軽く肩をすくめた

あなたも好きかも:スロット スーパーブラックジャック やめどき
「食べ方を変えよう思ぉてな」「……ふうん

……けど、食べ方変えたって、お餅は食べなきゃいけないんだからあんまり変わらないんじゃないですか?」「かもな

……せやけどそれでもマシにはなるわ」 みんなはそれぞれ食器棚や調理器具棚から大きなバット、そしてパンチングストレーナーを運び持ってきて並べ置くと、流しにパンチングストレーナーを置き、ぐつぐつと煮立つ鍋を鍋掴みで二人掛かりで持ち上げ、水を流しながら持ち上げてストレーナーの中にザッと溢した

「もったいないけどな……

背に腹はかえられん」 モワモワと湯気が立ち上り、ストレーナーの中にはゴロゴロと餅が残り、その上に小豆も被る程の多さで残る

それを、別の流しに持って行って、今度はグルグルと掻き回しながら水洗いしだした

そうすることで、こしあんになっていた小豆が取れ、尚且つ餅の表面の溶けた部分もさっぱりと洗い流されて見た目の大きさも変わってくる

“素っ裸”の状態の餅を最後にバットに並べ置くと、ぜんざいに投入される前の状態に戻ったようだ

 最初は「何やってるんだろう?」と、苦笑気味に見守っていた上島も、段々と戸惑いの色を見せ始め、それに気付いた優樹と伏見はチラッと目を見合わせた