スロット 設定6

スロット 設定6

 カナンの額には汗が浮かんでいる

瘴土の生暖かい空気がそうさせているのだ

あなたも好きかも:飯田橋 パチスロ
服の下が蒸れて痒い

身体の動きも必然的に大きくなるため、普通に歩く以上に疲労が溜まる

 イスラでさえ瘴土のなかを歩くことに難儀している

疲れは出ないが、なかなか前に進めないという苛立ちは、あるところ疲労よりも厄介だ

あなたも好きかも:パチスロ 文字
 もちろん、この程度で根を上げるようなイスラではない

あなたも好きかも:モンハン 月下雷鳴 スロット
環境も無論恐ろしいが、それよりも危険なものが潜んでいる

「大事なことを忘れていた」 イスラが足を止めた

「何です?」とカナンはたずねる

「あんた、何か歌えるか?」「歌、ですか」「何でも良いよ

でも、出来たら陽気な曲の方が良いな

大声で歌ってくれ」「構いませんけど、何か理由があるんですか?」 もしかして怖いとか、とカナンは挑発する

イスラは鼻で笑った

「怖くはないさ

歌には夜魔を追っ払う力があるんだ

いや、陽気な奴の所には寄ってこないと言うべきかな

ともかく、瘴土のなかで心を暗くすると、あっという間に夜魔を引き寄せちまう