スロット バジリスクⅲ

スロット バジリスクⅲ

「あれ、シグルン、なんでいんの?」 俺がそう言うと、シグルンが即座に答える

「いちゃ悪いかな? 私の故郷はこの首都だから、たまの里帰りをしていただけだよ

それよりも、ワープドライブ装置見せてよ!」「あ、ああ

あなたも好きかも:4の付く日 スロット 東京
存分に見ろ

そして宇宙船の改造を頼む」「まっかせてよ!」「こら、馬鹿弟子! そりゃあ俺の仕事だろうが

あなたも好きかも:スロット 集中モード
もう金も受け取ってある!」 横から怒鳴るようにしてガレスが口をはさんできた

「ええー、私もワープドライブ装置いじりたい! ワープ! ワープ!」「っち、しょうがねえな

二人でやるか!」「さっすが師匠!」 そんなやりとりが終わると、宇宙船はすぐさま工房へと運ばれていった

 工房では、ガレスとシグルンが相変わらずの高速移動で宇宙船を改造していく

あなたも好きかも:ダンまち スロット マルチプレイ
「というか、ワープドライブ装置だけでなく、見た目も変わってないか?」「資金が余りましたので、バリア装甲を追加しています」 俺の疑問に、ヒスイさんがそう答えた

『バリアとか、何と戦うつもりなの……』『宇宙の最前線なら宇宙怪獣でもいるんじゃね?』『そうなったら一気にゲームジャンルが変わるな……』『運送ゲームが宇宙船シューティングゲームになっちまうー!』 さすがにそれはないだろ……

 と、そんなやりとりをしている間に、宇宙船は完成したようだ

「ふいー、会心の出来だぜ」「楽しかったー!」 二人が満足そうで何よりだ

「それじゃあヨシムネ、ヒスイ、最前線行き頑張れよな」「たまには辺境にも寄ってねー

またね!」 そんなあっさりした言葉と共に、二人は工房を去っていった