ごんぞう

ごんぞう

それなら、私は……!) ユディトは拳を固く握り締めた

「大切なのは何かを与えることじゃない

人が自分の望む物を知り、それに向かって手を伸ばせる世界

 だからこそ私たちは、世界を……私たちの居場所を広げなければならない! 定められた箱庭を出て、一人ひとりの尊厳が貴ばれる煌都を新たに打ち建てる! その在り様こそが、神の望む正しい世界です!!」「否ッ!!」 ユディトは絶叫と同時に、振り上げた拳を円卓に叩き付けた

それまでの取り澄ました口調をかなぐり捨て、無粋な一打と共にカナンの独唱を遮る

 しかし、それは非常に危険な行為でもあった

あなたも好きかも:qt スロット
 最早群衆はざわついてなどくれない

あなたも好きかも:パチンコ 府中 クリエ
ほとんどがカナンの味方になってしまっている

味方というよりも、沸き立った油と表現した方が良いかもしれない

何かの箍《たが》が外れたら、彼らは一斉に暴徒と化して自分を引き裂こうと殺到するだろう

 だが、ユディトは傲然と胸を張った

あなたも好きかも:パチスロ アラジン 打ち方
他人の言葉に流されて右に左に揺れる有象無象など恐れるに値しない

もしも襲い掛かってくる不埒者がいたら、迷いなく法術を放つ覚悟だ

 そうまでしてでも、カナンと相対する選択をユディトは採った