まどまぎ スロット 評価

まどまぎ スロット 評価

あなたも好きかも:緋弾のアリア スロット プレミア
 この右翼集団は例のアグノー街道までの開けた「死の草原」でニーダーヴァルト森の東端に陣取る仏軍散兵より猛烈な射撃を受け、また、砲撃を受けつつも陣地転換を繰り返しながらゲリラ的に砲撃を繰り返す少数の仏軍砲兵から榴散弾攻撃も受けますが、犠牲をものともせずに前進し街道を越えて森に達し、白兵戦の末遂に森の東端を奪取しました

仏軍もここで猛烈な逆襲を試みましたが、普軍はよく耐え、戦闘は次第に北へと寄って行き、また普軍部隊は視界の悪い森の中でバラバラとなりますが、概ねニーダーヴァルト森の北端まで進出に成功するのです

 ニーダーヴァルトの東側を守備していたのは仏第1軍団の第4(ラルティーグ)師団でしたが、午前中から延々と続く防衛と逆襲の繰り返しは兵を損耗させ、次第に予備はなくなって後退し、遂にはニーダーヴァルトとエルザスハウゼン間の小森林・ノイガイスヴァイラー(現・ヌージャイスワイウレ)付近に集まり防衛戦闘を挑むこととなります

 戦線の中央では第95連隊の第1から第6中隊(第1大隊と第2大隊半個)がグンステットからブルッフ水車場へ前進し、ここでソエ川を渡河すると、エバーバッハ方向へ進みます

これには第87連隊2個中隊(6、8)が左翼に連なり、同連隊の3個中隊(3、4、7)はその左翼(南)でアグノー街道に沿って展開し、その後方(東)からは第80連隊の4個中隊(3、4、10、11)が続きました

 猟兵第11大隊は第95連隊の第2中隊を加えてグンステットからエバーバッハへ向かう街道(現・グリースバッハ道路)の北を進み、アルブレヒツホイザー・ホーフ(エバーバッハ東1,200m付近の数軒の小集落)へ向かいました

 普軍は午前中とは比べ物にならない兵員密度で前進し、一気にアグノー街道を越え、その西に広がる丘陵地帯に入りました

しかし、ここでまたもや仏軍の頑強な抵抗に出会うのです

 このニーダーヴァルト森の南からモルスブロンヌに至る丘陵は北側の森林に比べれば木々が少なく、斜面は緩やかですが東西南と緩やかに下る丘からは見晴らしが利くので防衛には持って来いの場所でした

特に東斜面の途中にあるアルブレヒツホイザー・ホーフには数軒の頑丈な石造りの家屋があり、ここを拠点に仏軍が頑張っていました

 このため、アグノー街道から西への普軍の攻撃は遅々として進まず、その数m数mの前進は銃弾飛び交う中でほとんど匍匐前進の様相でした

あなたも好きかも:白石駅 パチンコ
 それでも左翼側の部隊がモルスブロンヌ~エルザスハウゼンへ向かう林道に到着すると仏軍は北へ後退し始め、アルブレヒツホイザー・ホーフを東西南の三方向から囲むことが出来ました

 しかし石の家屋に籠る仏軍は、砲撃を浴びて家が大破し木製部分が燃え出しても後退や降伏をせず、迫る普軍に対しシャスポー銃の正確な射撃を繰り返しました

普軍は幾多の犠牲を経ながら何とか数十mまで接近し、一斉射撃により仏兵を脅かすと、突然仏兵は北へ駆け出し、普軍の追撃を振り切って一気にニーダーヴァルトの森へ逃走するのでした

 普軍はここで深追いせず、まずは分散してしまった部隊をまとめて再編成し、必ず起こるに違いない仏軍の逆襲に備えつつ次の段階、ニーダーヴァルト森に対する南からの進撃に備えたのでした

 第11軍団の左翼(南)先陣は第32連隊の2個大隊(1、2)が勤めました