風 ラン スロット

風 ラン スロット

え?」《え? じゃなくて》 ため息混じりの反町に、優樹は少しオロオロと、迷うように左右に体を揺らした

「あ、あの……、と、特に問題とかじゃなくて、その……え、と……こ、こう……」《挙動不審過ぎるんだけど?》「きょ、きょどうふしん?」 繰り返して訝しげに首を傾げると、向こうから《……はあ》と、呆れるようなため息が聞こえた

《で? 今どこ?》「ど、どこって……

校舎、だけど……」《校舎のどこか聞いてるんだけど?》「あっ、ああっ……こ、来なくていいからっ

いいからっ、来なくてっ」 苛立ちを含んだ声に、慌ててブンブンッと首を振るが、《じゃあこっちに来い》 命令口調に優樹は顔をしかめ、少しムッとしたが、背後に視線を感じ、背中を丸めてコソコソとした

あなたも好きかも:パチンコ 寝かせ 違法
「あ、あの……今日はちょっと……その……部活、無理かも……知れなくて」《理由は?》「り、理由?」 優樹は戸惑い、目を泳がせた

「え、えーと……、り、理由は……

……、……」《考えなくちゃいけない理由って、必要なわけ?》 呆れ声に、優樹は少し拗ねつつ悲しげに目を細めた

あなたも好きかも:鹿児島市 パチンコ 清掃
「……行け、ない……の……」 小さな声で告げると同時に、なぜかものすごく寂しさが襲ってきた――

 それ以上何も言えず、俯いていると、間を置いて返事が返って来た

《どうした? ……何かあったんなら言って

オレたち、みんな協力するんだから》 今までとは違った優しい声に、優樹は目を泳がし、間を置いて背後を振り返った

クラスメートたちはただじっと見ている――

 優樹は彼女たちにそっと背を向けると、意を決して口を開いた