四条 スロット

四条 スロット

お前に、頭使わせすぎたわ……」「気をつけてくれ

セイ様の賢い頭脳は繊細なんだ……」立ち上がろうとしていたナンスナーが脱力して座り込んだ

あなたも好きかも:椎名心実 スロット
突っ込む気力も起きないらしい

恨乱雲に覆われた頂上で夕方になり、少し暗くなりだした周囲の中山根たちが作ってきた煮っ転がしのような料理を皆で食べる

「旨いな」「ウキナワの初日に買った食材を全部入れました」「そろそろ使わねば腐ってしまうゆえ」「ねーねーご飯食べたら、暗くなる前に砂浜に戻らない?」山根がスプーンを口に運びながら言う

「それが良いかもしれませんね

我々にできることはなさそうですし」「すまんみんな

無駄足だった」「いえいえ、たまにはこんなこともあり申す」「そうだよー

あなたも好きかも:艦これ 装備 スロット
ちょっと冒険できて楽しかったなー」「セイ様が送って行ってやろう

休憩できたしな」「セイちゃん、偉いっ」「ウマイナコレ」「あり合せにしては、よくできたと思いますよ」「そうだな」「ヒサシブリニヒトノツクッタモンクッタワ」「そうなのか」「セイ様、酒が飲みたいな」「姉様、お酒は日が暮れてからです」「そうだぞー

クガなんてそりゃもう酒癖が酷かったんだから」「ソウカナ?サケハヒャクヤクノチョウイウゾ」「そうだよ!!ってかあんた誰!?」ナンスナーが指差していつの間にか混ざって食事をしていた半透明の蒼い人影にようやく俺たちは気付く

「ドウモドウモ