人生という名のsl ブラックジャック

人生という名のsl ブラックジャック

「あの……ごめんなさい

……高等部の、学園奉仕屋顧問の、椎名先生を呼んでもらえないですか……?」「は、はいっ……いいですけどっ……

他の部員の方っ、呼びましょうかっ?」 優樹が誰かを知っての問い掛けだろう、気遣いうろたえる女生徒に、優樹は情けない笑みを浮かべた

「あー……、みんな、部室にいなくて

……先生のところに行くって、テーブルにメモ紙は置いてきたから……

だから、悪いんだけど……」「あっ、はいっ……顧問の椎名先生ですねっ

ちょっと待っててくださいねっ!」 そう焦り気味に告げて女生徒は走って行く

あなたも好きかも:新北斗無双 パチンコ 保留
その背中を見送り、優樹はホッと肩の力を抜いた

これでもう大丈夫だ、と安心した途端、目にじんわりと涙が浮かんできて、手の甲でグイッと拭った

 ――だが、しばらく待っても誰もやってこない

長く待ってもやってくる気配もない

 優樹はがっくりとした

あなたも好きかも:スロット バイオハザード 新台
 状況はわからないが……やはり、見捨てられたのだろうか

 一度「助かった」と思って安心しただけに、少々ショックは大きい

 ……どうしようか、と、改めて考えた

 誰とも連絡が取れない状況で、もう一時間以上は経っている

携帯電話も駄目になったし、このままではみんなに心配を掛けてしまう

 ……もう一度、部室に戻ろうか