ブラックジャック 泣ける回

ブラックジャック 泣ける回

ラウラと同じくらい白い腕が俺の首に絡みついたかと思うと、そのまま自分の身体を俺に引き寄せ―――――――小さな唇で、俺の唇を奪いやがった

「―――――――!」「んっ……………」 おいおい、何やってんの!?「……………ねえ、考え直してよ」「え?」「ラウラの話

……………いつまでも甘えてちゃダメだよ?」「……………」「―――――――じゃあね、タクヤ君っ! また会おうね!」 不機嫌そうな表情を一瞬で消し、出会った時のような笑顔を浮かべて踵を返すレナ

手を振りながら去っていく彼女に手を振りつつ、俺は気づかれないように上着の袖で唇を拭った

あなたも好きかも:1900 年代 パチンコ 動画
 なんだか、嫌なキスだった

本当に愛している人とのキスには何も抵抗を感じないし、ずっとそうしていたいと思えるほど愛おしいのに――――――――何なんだ、今のキスは

 まるで汚らわしい汚物を唇にべっとりと塗られたように不快なキスだった

あなたも好きかも:はいふり パチスロ
別に好きでもない赤の他人と強引にキスをすると、あんな感じがするのだろうか

あんなに汚らわしくて、不快なものになってしまうのだろうか

 早く帰ってシャワーを浴びよう

そうすればまだ唇にへばりついているこの嫌な感覚が消えるかもしれない

 吐き気を感じてしまった俺は、それに何とか耐えながらバイクを出すと、サイドカーの中に購入した野菜の袋を素早く詰め込み、タンプル搭を目指して走り始めるのだった

 いつものように無線で指令室へ連絡し、検問所で団員に確認を取ってもらってからゲートの奥へと進んでいく

あなたも好きかも:パチスロ dx 攻略
2つ目の検問所を通り抜けて格納庫へと降り、お気に入りのKMZドニエプルを他のバイクの隣に停車させると、サイドカーから野菜の袋を下ろして厨房へと向かう

 すれ違った団員たちと挨拶しつつ、厨房の奥で調理器具の準備をしていた調理師に野菜の袋を預ける

彼らに「じゃあ、後は頼むぜ」と言って調理を任せた俺は、まだ唇にへばりついている不快な感覚を感じながら自室へと急いだ

 早く洗い落とさないと