パチンコメーカー パイオニア

パチンコメーカー パイオニア

「ジョア・T・アモン、ブライトビー、入ります」返答を待たずに真理と康太は扉を開けて支部長室の中に入ると、そこには山ほどの書類に囲まれて項垂れている支部長の姿がある

「あれ?君たち・・・何でここに?」「何でって・・・師匠からそのように指示があったからですけど・・・やはり偽物だったのでしょうか・・・」先程までの呼び出しが師匠である小百合のものではない可能性が濃厚になってきた中、一番に考えられるのは自分達への攻撃か、あるいは店への攻撃だ

あなたも好きかも:パチンコ 物語 シリーズ セカンドシーズン 評価
留守にした状態で空き巣もどきの事をしようとしているのかもわからない

それならすぐに戻ったほうがいいかもしれないなと康太と真理が考えていると支部長が待ってくれと少し考えながらつぶやいた

「君たちはクラリスに呼び出されたんだよね?どういうやり方だった?」「・・・電話で端的に、そしてこっちに着た後はメモに書かれた文字でここに行くようにと」「・・・あぁなるほど、そう言う風にしたのか

よし、あいつの思惑が理解できた

君らは間違いなく君らの師匠に呼ばれてきたんだよ

少なくとも偽物ではない」偽物ではない

そして支部長は何故か康太たちでもわからない小百合の考えを今までの行動から理解できたようだ

あなたも好きかも:ジャグラー ビッグ いくら
やはり小百合自身に問題があり、なおかつその問題はこの協会内で起こっているとみて間違いないだろう

「一体何がどうなっているんですか?わかりやすく教えてくれるとありがたいんですけど」「師匠はどこかで足止めを食っている・・・あるいは誰かを足止めしているというところですか?師匠程の人が足止めに時間を食うとなると・・・数えられる程度しか思い当たりませんが」小百合の場合足止めをしようとすると大抵は相手を倒してしまうために足止めではなく殲滅という形になるだろう

あなたも好きかも:スロット まどマギ プチボーナス bar揃い
もしその状況が続いて結果的に足止めになっているということになると小百合と同じかそれ以上の戦闘能力を有した人間ということになる