北斗の拳 パチンコ 曲

北斗の拳 パチンコ 曲

「――《ライト》」 それに対し、ノスフィーは旗を振って、光を放つ

 単純な目くらましだったが、逃亡においては有効な手段だった

 一瞬だけだが視界を奪われ、その間に距離を取られてしまう

あなたも好きかも:パチンコ グランドオープン 予定
 重力の狂った世界の中、ノスフィーは器用に瓦礫を蹴って移動していく

その向かう先は、おそらくロードとキリストのいる戦場だろう

あなたも好きかも:エヴァンゲリオン スロット 魂の軌跡
 このままだと、せっかく分断に成功したのに合流されてしまう

 慌てて、僕は移動用の魔法を構築しようとして―― ――そのとき、遠くで『流星』が落ちる

 この広くて暗い世界が、青い線によって切り裂かれた

 続いて、身体を浮かせるほどの衝撃に襲われる

あなたも好きかも:地獄少女 宵の伽 スロット 朝一
強風だけでなく、次元の歪みによる波動が波紋のように世界へ広がったのだ

「なっ――!?」「くっ――!!」 その衝撃に襲われたのは前方のノスフィーも同じだった

 どうやら、これはノスフィーにとっても予想外のものだったようだ

 また僕にとって有利なアクシデントが起きたことに喜びつつ、すぐさま僕は体勢の崩れたノスフィーに飛び掛る

「おまえの相手は僕だっ! ノスフィー!!」「あなたは気持ち悪いのです! わたくしに近寄らないでください!!」 僕の双剣とノスフィーの光の棒が打ち合わされる

 ノスフィーがまともに戦ってくれないのならば、もう勝利は諦めて足止めに徹するしかない

捨て身で倒すのではなく、道を塞ぐように戦うため、戦闘スタイルを切り替えて打ち合う

 こうなってしまえば、優位は逆転する

 ノスフィーの撤退戦は手際よく、じりじりと僕たちの戦場はキリストに近づいていく

 しかし、まだ僕の幸運は終わらない