スロット スペル

スロット スペル

あなたも好きかも:スロット まどマギ 叛逆 ゾーン
 クルシアを縛るつもりが、結局こっちも縛られている状態になっている

 クルシアは上機嫌に笑みを零し続ける

「ボクがここに来た理由は――異世界の扉を開ける準備が整ったのさ!」「「!?」」 そんなはずない、ハッタリだ! そう考える俺とは裏腹に、クルシアは目論み通りだと笑みを零す

「ねえねえ、リリアちゃん

あなたも好きかも:パチンコ パサージュ 横浜
今、現在進行形でさ、君のお友達や西大陸の可愛いお嬢さん騎士達がアジトを襲撃している話は知ってるかにゃ?」「なっ!? そ、そんな話……」 暗殺はやれるかもしれないとは言っていたが、リスクが大き過ぎると話し合っていたと思うが

 身に覚えがないと表情に出ていることを確認すると、「酷いねぇ、殿下

当事者には話しておくべきだぞ」 展望広場に現れたハイドラス達を迎え入れる

「クルシアっ! 貴様、何故ここに!?」「同じこと言わなきゃダメ?」「――なら語らずとも結構!」 面倒くさそうにするクルシア目掛けて、ハーディスが疾風の如く斬り込むが、バザガジールが立ちはだかる

 その突撃してくる翔歩を読み、ハーディスの背中に肘打ち

あなたも好きかも:大阪 スロット aタイプ
「――かっ!?」「舐めないで頂きたい、ですね!」 そのまま地面に叩きつけられたハーディスが軽くバウンドしたところを蹴り上げる

 回転しながら山なりに飛ばされるハーディスを横目に、ウィルクも駆け出していた

「野郎っ!」 細かい剣撃を繰り出すもバザガジールは簡単に凌いでいく

「てめぇ……本当に弱ってんのか!?」「ええ、これでもまだ感覚神経がズレているようでね

大変なんですよ……」 そう口にしている割には、細やかにウィルクの攻撃を捌いていく

 その隙を狙い、再び飛び込んだハーディス諸共、「――があっ!?」「――ぐうっ!?」「まあ慣れてしまえば、どうということもありませんが」 二人共、展望広場の端まで吹き飛ばされる

「――ハーディス!! ウィルク!!」「いやぁ、殿下

とってもお強い部下をお持ちで

中々優秀さんだねぇ」 皮肉混じりの軽口を吐かれ、ハイドラスは強く眉間にシワを寄せ睨む

 その二人の介抱を一緒に来たアイシアとリュッカが担当する