最寄り パチンコ店

最寄り パチンコ店

「いや、紅音に関してを除けば一つだ

蛇足――閑話、まあどっちだっていい

俺はあんたら管理課に良い感情を抱いちゃいねえし、リイディとは違って望んでこんな場所にきたくもねえ――が、紅音が関わってる以上、知らん振りもできん

あなたも好きかも:パチンコ トータル・イクリプス
だから、確認だ」「お答えできる範囲でしたら」「一つ、かつていた場所に戻りたい――そう言ってた連中を、消えたあいつらに、お前らは何をした?」「……他言無用でお願いできますか」「そのつもりで訊いてる

紅音のことが重要なのもわかってる」 本題の前に、片付けたい理由がある

だからこそ堂堂と、その疑問を打ち明けた

あなたも好きかも:パチンコ バルブレイブ2 天井
本来ならば説明してはいけない部類のことだが、迷うまでもない

あなたも好きかも:タロウ パチンコ 天井
少なくとも答えたのならば、彼は敵にならないのだから

「人は過去へ戻ることができません

そういった方たちは、このエンジシニから違う場所へ送っています」「別の場所ってのは、なんだ」「かつての――別の国、と言えばわかるでしょうか

管理課は受け渡しをするものの、そこから先のことに一切関与していません

その先にどのような暮らしがあるのかも、伝聞としてある程度は聞いていますが、ほかはなにも」「おい、そりゃちょっと無責任じゃねえのかよ」「おっしゃる通りです」 しかし、痛感しつつも、私にはせいぜいがエンジシニで手一杯で、それ以上の荷物……いや、責任を抱えるだけの容量がない

無責任、その通りだ

去って行く者に場所を提供するだけしかできない自分を、そしてこの場所を気に入って貰えなかった不甲斐なさを、私はいつだって自覚している

「どのみちエンジシニの外に出ちまうわけだ

外の情報に関して封鎖してんのも、あんたらなんだろ?」「そうです」「どうしてだ」「管理には情報統制が必要です

足並みがそろわなければ、そもそも管理などできません」「……納得はしねえよ」「はい」 できないだろう、と思っている

最小限の犠牲で最大限を生かそうと考えて行動しなければならない私の心情まで理解して欲しいとも、思わない

それは傲慢というものだ