スロット 一万円 時間

スロット 一万円 時間

そのおかげで僕たちも楽しめるわけだ」「おう

存分に楽しんでいってくれ」 会話をしつつも店主は、器用に白い綿をまとめていった

 その様子をハクが目を丸くして見ていた

嬢ちゃん、綿あめは初めてかい? ほらよ」 そう言って、ハクへ直接渡した

あなたも好きかも:滋賀県大津市 ぱちんこ
 考助は礼を言いつつ、支払いを済ませた

あなたも好きかも:それでも ブラックジャック
 綿あめを持ったまま戸惑っているハクに、考助は助言をしてあげた

あなたも好きかも:パチンコ 時短突破型
「白い部分を食べてごらん」 食べると言われて一瞬驚いたハクだったが、言われたとおり口に含んだ

「あっまーい」 一口食べたハクが、驚きを口にした

 それを聞いたワンリも興味を惹かれたのか、ハクに一口ねだっている

 その様子を見ていたシルヴィアが、ふと考助に小声で聞いた

「綿あめは、元の世界にもあったんですね」「ああ

驚いたよ

前の世界ではそこまで歴史は古くないはずだったんだけどな

こっちにあって逆にびっくりだったよ」 そもそも甘いものは、こちらの世界ではそれなりに高価だったはずなのだが、まさか祭りで出せるほどの出回っているとは思っていなかった

「魔道具も材料となる原料も普通に買えばそれなりなんだがな

祭り用と言えば融通してくれるようになっていたはずだ」 考助の疑問に答えたのは、フローリアだった