akb48 バラの儀式 スロット

akb48 バラの儀式 スロット

 昨日の工房で見た子供達のように仕事をするのだ、と張り切って入室すると、フェルディナンドが視線を上げて、私達を見た

「あぁ、来たか

あなたも好きかも:pso2 スロット 評価
ヴィルフリートはそこに座って文字の練習を

手本を準備したので、石板で字を練習しなさい

あなたも好きかも:メガ盛り スロット エンディング
ランプレヒトはこちらの計算だ」 フェルディナンドがテーブルを指差すと、周囲の側仕えが石板や紙、木札を運び、ランプレヒトと私の前に積み上げていく

あっという間にテーブルの上には木札やインク、計算機が並べられた

「文字の書き取り!? 仕事の手伝いではないのか?」「馬鹿者

文字一つ読み書きできない者に一体何の手伝いができるというのだ?」 書類から視線を上げることもなく、フェルディナンドがそう言った

「ローゼマインは……」「あれは私が教える前から少なくとも基本文字は全て書けた

単語に関しても教えたらすぐに憶えたし、図書室に入れたら大喜びで聖典を読み込んでいたので、文字を教えたことはほとんどない」 ローゼマインはフェルディナンドに教えられたわけでもなく、文字が書けるようになっていたらしい

一体何なのだ、私の妹は?「そして、ローゼマインは工房で商人と接している分、計算が得意だ

ランプレヒトの前に積み上げたのは、普段ローゼマインがこなしている仕事だ