ゾロ目 スロット 東京

ゾロ目 スロット 東京

 そして、いよいよ行動に移すのだった

あなたも好きかも:手打ち 駄菓子屋 パチンコ
「……」 ライたちはそれなりに人が多い場所へ移動し、その場で立ち止まる

 幹部の側近であるキュリテが居るという事もあり、自然と視線はライたちへ向けられた

 キュリテはスッと息を吸い──「……この街の人達に告ぐ! 私は"レイル・マディーナ"幹部の側近を勤めている者よ! この街には不法な方法で奴隷の売買を行っていると聞いたわ! 幹部の側近としてその者達を罰する!」 ──普段と全く違う、幹部の側近としての口調で上の存在という事をアピールするキュリテ

 無論、ライの作戦である

普段のキュリテならば口調が優し過ぎる為、ナメられる可能性を考慮しての話し方だ

「この街を仕切る人は……者は誰?」 しかし油断していると普段の口調に戻ってしまう為、気を付けなければならない

あなたも好きかも:パチンコ タイプ
 言葉を言い直すその様は、何時かのレイを彷彿とさせるようである

「オイ……バレたのか?」「いや、知らん……」「だが、確かに幹部の……」「無視だ無視」「ああ、違法な奴隷売買が「止めろ!」ガハッ!?」 それを聞いた住人達は慌てた表情となり、口々に話す

 もう聞こえる程の声で話しているので、キュリテはその者達に手を向け、「何か知っているね……?」「「「………………!?」」」 "サイコキネシス"で住人を数人浮かせ、自身の元へと連れてきた

あなたも好きかも:aviva 横浜 パチンコ
「な、何だこれは!?」「ち、超能力だ!!」「ヒイィィ……」「さて……お察しの通り私は超能力者……まあ、幹部の側近同士は暗黙の了解《ルール》で教えられない事だけど……貴方達は関係無いもんね♪」 驚愕の表情を浮かべる住人に対し、悪戯っぽい笑顔で告げるキュリテ

 暗黙の了解《ルール》があるが、この住人には関係無いからと明かすキュリテ

「つ・ま・り……貴方達全員の思考は読んじゃったの♪」「「「………………!?」」」「………………………………!!??」×多数 その言葉を聞いた住人は大きく目を見開き、「「「ふ、ふざけるなァァァァ!!!」」」×多数 次の瞬間、その街の住人は幹部の側近であるキュリテに対し、剣や銃、矢や杖などといった攻撃用の道具を向ける

 口封じの為に仕留めるつもりだろう

そんな住人へ向け、キュリテはフッと笑って言葉を発する

「ふぅん……側近一人なら貴方達でも勝てると思っているの……?」「「「…………ッ!」」」 ザァ

キュリテが住人へ睨みを利かせ、それによってか風が生じた