パチンコ 会員登録なし

パチンコ 会員登録なし

そして兵士の身体をそこらに投げ捨てて、俺に長いライフルを見せてくる

「……これで狙撃されたのか……」「みたいだな

さっきの塔から"当たったっ"という声ががきこえたから、すぐ見つけたぞ」巧みに隠れていたが、魔族の聴覚にはかなわないようだ

「この銃は持って帰るわ

ローレシアンで研究できるだろうし」「好きにしろ」セイは興味なさそうに俺にライフルを投げ渡す

「……機械槍を起動した方がいいみたいだな」「私は、ほかの塔の中に狙撃手居ないか、探してくる」「頼んだ」東側の城壁上へと飛び立ったセイを見ながら、背中に差していたバグラムの機械槍の白い布を取って、起動させる

あなたも好きかも:三国ヶ丘 ぱちんこ
異様な装飾のついた三又の長槍は、さっそくしゃべり始める

「……登録者但馬孝之様……確認……使用方法の選択を願います……」「この城を破壊できる?城壁の部分だけでいい」「……命令を了解しました……周囲に確認される……城壁の破壊……オートモードの運用開始します……」機械槍はそう言って、西側の方へと飛んでいった

俺は再び、瓦礫を堀の水の中に放り込む作業に戻る

あなたも好きかも:キャプテン翼 パチンコ キャッチコピー
しばらく蹴ったり、剣閃の風圧を使ったりして正面門を破壊した瓦礫を水の中に放り込んでいると、唐突に閃いた

そうか内部から外壁を破壊してそのまま破壊した瓦礫を、堀の中に放り込めば早いな

あなたも好きかも:パチスロ 新台 ウルトラマン
当たり前のことである

俺は、すっかり更地になった城門周辺を後にして、セイの飛んでいった東側の城壁の内側から破壊し始めた

意外と十分もしないうちに一km分くらい外壁が破壊出来て、堀が埋まった

この堀は水が張られていて、しかも夜間なのでよくわからなかったがそれほど深くはないようだ

三本のライフルとマシンガンを抱えたセイが、俺を見つけて戻ってきて「結構変な銃持ってる兵士がいたぞ」と俺に纏めて投げ渡してくる