スロット まどマギ 強ベル 恩恵

スロット まどマギ 強ベル 恩恵

 それ以外は、別の部門長がいるのだからわざわざダレスのところには来ない

 とはいえ、ダレスは考助が誰の紹介がほしいのかわからずに、内心で首をかしげていた

 魔道具関連ではないことは、明々白々だ

あなたも好きかも:パラッツォ パチンコホール
 なぜなら、考助自身がとんでもない製作者だからである

 この世界に存在している魔道具の製作者の中で、考助を超える者はいないとダレスは断言できる

 だからこそ、考助が誰に会おうとしているのかわからなかったのだ

あなたも好きかも:茅場町 パチンコ
「いったい、どなたに?」「ああ、いや

具体的に誰というわけじゃなくて、これから作ろうとしている物があって、それに協力してくれる人がいないかと思ってね」「ああ、なるほど」 その説明を聞いて、ようやくダレスは考助がどういう目的でこの場に来たのかを悟った

 確かにそれであれば、シュミットやガゼランよりも自分が適任だろうと思ってダレスは頷いた

「それではいったい、どういった人物をご希望ですか?」「ああ、それはね――――」 考助はそう前置きをしてから懐から一枚の紙を出してダレスへと渡した

 その紙にダレスが目を通すのを確認しながら、考助は今回の思い付きを話し出した

 さらにその話を聞いたダレスは、驚きながらも最後には面白そうな表情になる

あなたも好きかも:スロット 裏物 2020
 そして、あとで管理層に目的にかなう人物を連れて行くと約束してから、その場はお開きとなった

 ♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦ 鍛冶師のダッカは、不機嫌そうに自分が所属する組織の上役――ダレスを見た

「んで? いったいどこに連れて行くつもりだ?」「まあ、待て