リゼロ スロット 勝てる

リゼロ スロット 勝てる

リクの気分としては、例えていうなら授業参観で親に見守られている、といった感じでしょうか?wしかもその親は、大学教授みたいな立場にあります

あなたも好きかも:マイフラワー スロット
い、いやすぎる><ご愁傷様です

リクのランクアップ試験の事を知ったガゼランは、すぐに動き出した

 今回の試験はEランクからDランクへの変更だったのだが、ガゼランの権限を使ってCランクへの試験へと変更したのだ

 勿論、ガゼランがそんな強引な変更を行ったことは今までほとんど無かったことなのだが、反対する職員は誰一人としていなかった

 ガゼランの権力(力)が強いという事もあるのだが、それ以上にリクの所属しているパーティがCランクの試験を受けるに十分すぎる実力があったためだ

 元々冒険者部門内でも飛び級の試験を受けさせるかどうかで議論があったのだ

 結局それは見送りすることになったのだが、ガゼランの要請(?)を受けて、これ幸いとばかりにCランク試験へと変更したというわけだった

 ちなみに、リクのパーティは全員が学園生なのだが、そんな若さでCランクの試験を受けるのは飛び切りの優秀者となる

 冒険者部門内では、久しぶりの大型新人の登場に沸いているのはまた別の話である

あなたも好きかも:パチンコ ベガスベガス
 ランクアップ試験の報告をリクが持ってきてから三日ほどが経った

 その日のリクは前の時と違って、頭を抱えるようにして考助へと愚痴を言っていた

「・・・・・・何とか止められませんか、父上」「うん、無理」 きっぱりとそう言った考助に、リクは恨めし気な視線を向ける

「飛び級の介入もそうですが、たかがCランクの試験に部門長が付いてくるなんて、どう考えてもおかしいでしょう!?」「うーん

まあ、その辺はガゼランが判断することだからねえ

僕は口出しできないかな?」「では、せめて一緒に行くのを止めるとか!」「それも無理だよねえ

ようやく約束が果たせるって、張り切っていたし

この機会を逃すと、次がいつになるか分からないしねえ」 相変わらずの表情のリクに対して、考助はそうのほほんと答えた

 ついでにとばかりに、気になっていたことを付け加えた