ブラックジャック 画像 漫画

ブラックジャック 画像 漫画

こうしてビオ将軍のシャジェ攻略が始まった、かと思えましたが、シャジェ前面に出現した仏軍歩兵は何時まで経っても前進せず、ただ現在地から銃撃を繰り返すだけでした

この銃撃戦も午前9時30分には仏軍が森林内へ引き上げたことで終了してしまいます

 これでシャジェの安全が確保されたと見たラング少佐は、部落で予備となっていたBa第3連隊第2大隊を引き連れシュヌビエへ向かいました

 シャジェではフォン・デア・ゴルツ将軍が部隊の再配置を行い、先ほどまで仏軍のいたヴァシュリの森縁へBa第6連隊の第7中隊と第30「ライン第4」連隊第2大隊の両翼(第5,8)中隊を送って仏軍再進出に備えさせ、増援として到着したBa騎砲兵中隊を部落北東高地上に展開させました

 午前10時頃になると仏軍は砲数門をナンの森(シャジェ西郊まで迫っている森)南方の谷口へ進め、近距離からシャジェを砲撃します

しかしこれは無謀に過ぎ、Ba軽砲第2中隊と同騎砲兵中隊からたちまち激しい対抗射撃を受けてしまい、仏軍の砲は沈黙してしまいました

あなたも好きかも:天空魔城 スロットマシン
 午前10時30分にはシャジェ南郊に向けて仏軍の前進が見られますが、これも前線独将兵の抵抗により短時間で撃退されてしまい、午前11時30分、更に大規模な突撃が発生しますが、こちらも猛銃撃戦のあげく失敗し、午後に入ると仏軍は砲撃のみ行うだけとなってしまうのです

シャジェ(20世紀初頭) リューズでも仏第18軍団は第1師団主力による強力な散兵群を部落に対面する森林縁まで進めて待機させ突撃の機会を待ちますが、ヴォドワ山麓の野戦砲兵と中腹にある要塞砲兵陣地による正確で激しい榴弾砲撃によって前進の機会を失ってしまいました

しかし対抗射撃による独軍砲兵の被害もあり、野砲兵第3連隊予備軽砲第2中隊長のフィッシャー大尉は壮絶な戦死を遂げています

 何かと錬成不足で「弱い」と言われる仏軍砲兵ですが、このリゼーヌ川の戦いでは奮戦する隊多く、この日は特にコミュノの森(サン=ヴァルベールの西、ビャン北方の森)縁に砲列を敷いた砲兵諸中隊が独軍を苦しめました

あなたも好きかも:パチンコ 99分の1
この主な中隊は東部軍の予備砲兵隊だったと言われています

あなたも好きかも:マカオ フェリー ターミナル
 ブルバキ将軍が「絶対確保」を願ったエリクール前面ではこの日午前中ただ砲撃戦のみが行われ、一部で憎き重厚な散兵線である鉄道堤への突撃も試みられますが全て前線の独将兵によって撃退され、独前線は揺るぎありませんでした

前線が安定していると見たエリクール守備に責任を持つクナッペ・フォン・クナップシュタット大佐は予備隊から受け入れた第25連隊F大隊を予備隊に帰還させたほどです

 正午を過ぎると仏軍の砲列は全く応射する事が無くなりますが、午後4時に砲撃戦が再興し、これにはミトライユーズ砲中隊も参加して日没まで続くのでした

厳寒の林道越え(クリスチャン・シェル画)