台湾 カジノ 年齢

台湾 カジノ 年齢

けど、あんたントコ、寮やから上がられへんねやろ? どんなトコにおるンか、一回見てみたいけどなぁ」「……せやな」「んー、優樹ちゃんトコでもお邪魔しようかなあ」「……せやな」「ほな、どないしたい?」 首を傾げて問う未奈子に、一平は「……さあな」と、少し笑みを浮かべて肩をすくめた

「おまえの好きにしたらエエンちゃうか?」 そう視線を逸らされた未奈子は、「ったく……」と目を据わらせてため息を吐いた

「あんたもホンマに変わらんね

なんでもかんでもうち任せにして

あなたも好きかも:ハナビ スロット 面白さ
ずるいな」 口をへの字に曲げてムスッと頬を膨らませる未奈子の気配に、「……ほな」と一平は小さく切り出した

「……もちょっと……一緒に、おるか……」 少し顔を背けてモゴモゴと声を漏らす

あなたも好きかも:さがみ野 パチンコ 求人
 恥ずかしいのか、分が悪いのか――

 告げたあと、サッと顔を背けて俯き、表情を読み取られまいとする一平に美代子はキョトンとし、「ったく……」とため息混じりに苦笑した

「エエよ

あなたも好きかも:善通寺 パチンコ オープン
一緒におる」 よしよし、と帽子越しから頭を撫でると、間を置いて一平はそっと上目で窺った

 何かを訴えるような、戸惑う視線に未奈子は表情を消して少し首を傾げたが、微笑み掛けると腰を曲げ、彼の膝に手を付いてそっと顔を近付け邪魔になる帽子を避けてキスをした

 柔らかな感触が長く続き、それがそっと無くなると一平は目を開けて、じっと見下ろす未奈子を見つめ、膝から離れた、冷たくなった彼女の手を握った

 ――もう、“安心する肌”には触れることはないだろうと思っていた