ダンまち ドット絵 スロット

ダンまち ドット絵 スロット

あなたも好きかも:テーブルゲーム ビッグ
国王と、シュトのやりとりを見たアプリコットは、執事の服を締め上げていた手を離した

衣服の乱れた部分を整えてから、改めて魔法鏡の前に跪いた

シュトは複雑そうな顔をして、自分も衣服を整えてから同じ様にまた跪く

あなたも好きかも:駒ヶ根 パチンコ
『堅苦しくしなくても、良いというのに』国王が苦笑して胡座の上に肘をついて、頭を乗せると、アプリコットは薄く笑う

「一応のケジメですから

それよりも陛下

シュトに話があるようなら、私は言葉を挟むのを控えますが」肘に乗せた頭を、国王は横に振った

『いや、アプリコット

お前はシュトとアト、新たな銃の兄弟の"後見人"として話を聞く義務がある

そしてシュト、お前も覚悟を決めねばならない

これからは"弟"の世話にエリファスを頼る事も、相談する事も出来なくなるのだから』予想だにしなかった国王の物言いに、シュトは思わず顔を上げて、アプリコット――エリファスの顔によく似たを雇い主を見つめる

よく見るとアプリコットの額には薄い傷もあり、エリファスと似てはいるが、全く別人だという事も判る

「エリファス師匠が、どうなると言うんですか?」国王は肘に乗せていた頭をあげて、腕を組んだ

あなたも好きかも:パチンコ ジャンボ 堅田
口に出しづらい事を口にする、そんな雰囲気を見事に醸し出しており、シュトにも"聞く覚悟"が心の中に出来ていく

国王はシュトの顔を観察し、少年の心にそれなりの覚悟が出来上がったのを見てから口を開いた

『恐らくエリファスは"姿を消す事"になると、俺は話を聞いている』「だっ、誰がそんな事を言っているんですか?!」兄弟の恩人が消えるという剣呑(けんのん)な言葉に、シュトが思わず立ち上がりそうになった

「シュト!」アプリコットが振り返りシュトが浮かせたかけた膝を、声と視線の圧で縮めさせる

 シュトは再び跪いたが、疑問と怒りを孕んだ視線を国王に向けていた

『まずエリファスが消えると言った人物は、この国の賢者の1人