ルーレットテーブル

ルーレットテーブル

俺から技術を盗み取ろうってんだろ

気張れよ」 ルクスに励まされ、セツナは、はっと顔を上げた

「並大抵の努力じゃあ、俺から技を盗むなんて無理不可能なんだからな」 師匠は、笑っていた

五桁を軽く凌駕する数の死を経験すると、もはや死など恐れるものではなくなるらしい

 感覚が麻痺しているのだ

斬り殺されることも恐怖より、痛みのほうが辛くなる

あなたも好きかも:聖 闘士 星矢 スロット 動画
その痛みさえ慣れ始めているのだから、慣れというのは恐ろしいものだと想わざるをえない

しかし、慣れるのも致し方があるまい

あなたも好きかも:パチンコ 憎い
何千、何万回と殺されているのだ

まず間違いなく本当の死ではなく、仮初の、偽りの死なのだが、殺される側の感覚としては本当の死となんら変わらない

あなたも好きかも:弱虫ペダル スロット フリーズ 期待枚数
それが短時間のうちに数え切れないほど積み上げられた

感覚として慣れるのも無理のない話だった

 だからといって、死ぬつもりで挑みかかっても無意味だということは、ルクスにいわれるまでもなくわかりきっている

 力が及ばないからといって、死を覚悟で挑んだところで、それは勇敢ではなく無謀であり、無駄なことなのだ

それで殺されてはなんの意味もない