エロフラ ブラックジャック

エロフラ ブラックジャック

一応、ここへ所属するよう言われていて」 なんだ

 寂しくなると思っていたら、それなら問題ない

 私達もここは良く来るし

 彼女が応対に出れば怯えられる心配もなくなって、良い事づくめだ

 気を抜いてだらりとしてたら、突然ドアが開き沙紀ちゃんが飛び込んできた

「ちょっとっ」 血相を変えて私の前へやってくる沙紀ちゃん

 真っ赤な顔と獣のような眼差し

あなたも好きかも:倍プッシュ 意味
 書類を差し出した腕が、小刻みに震えている

「ど、どうしたのよ」 そう尋ねると彼女

 息を呑んで、机を両手で叩いた

あなたも好きかも:グーグル ルーレット
 慌てて身を引く一同

  私はずり落ちそうになったのをどうにか堪え、テーブルを掴んで彼女を睨み上げた

「いきなり入ってきて、何怒ってるの」「お、お、怒りたくもなるわっ」 ぐいと身を乗り出してくる沙紀ちゃん

 凛々しい顔が怒りに包まれ、赤い炎が見えるかのようだ

 何よ、一体

「これ、これ書いたの優ちゃんでしょ」「どれ」 書類に顔を近づけ、読んでみる

  どこかで見た事が書いてある

 何だ、棒って

「自警局の抜き打ちチェックがあって、これが見つかったの」「だって、サトミが後で書き直して……