スロット 麻雀格闘倶楽部参

スロット 麻雀格闘倶楽部参

 「野戦病院」は戦況に応じて前後進を行い、各野戦病院は最多200名の患者を受け入れる設備を有しており、一大会戦の場合は更に多数の患者も受け入れていました

バイエルン王国の野戦病院は更に「野戦本病院」があり、これは患者500名から最大800名を受け入れ可能という大きなものでした

 当時の野戦病院は現在我々が思い浮かべる大型テントや車輌が集まった光景とは違い、殆どが接収した屋内で活動しており開設や撤収は数時間以内に行う迅速を旨としました

接収に際しては宮殿や城館、教会、役所や劇場等大型で大空間のある建物が選ばれますが、周辺に適当な部落や建物が無い場合は農場や独立農家に穀物倉庫などで満足しなくてはなりませんでした

あなたも好きかも:神谷 町 パチンコ
更に野戦病院専用に施設を建築することも行われ、これは戦争の歴史において初めてと言われます

あなたも好きかも:田無 スロット エランドール
この設備はスピシュラン、ヴルト、セダンの会戦後に移送困難な重傷者が多く発生したために実行され、これは殊の外好結果を出しました

これらの新築病院は戦線の前進に伴い兵站病院や戦時常設病院へと変化して使用され続けるのです

この新築された病院施設で最大のものはナンシー南郊のノートルダム・ドゥ・ボンスクール(現鉄道操車場付近)に設けられた千を越える病床を持つものでした

普軍の野戦病院 「予備衛生集団」は「野戦病院」に属する軍医や衛生兵、衛生関連軍属「以外」の人員を集積したグループで、普軍(ザクセン軍団含む)の予備衛生集団1個は当初軍医大佐か1級軍医(軍医の階級は後編で記します)3名と1級軍医か2級軍医9名に必要数の官吏と看護長・看護兵を配した100~200名の団隊(中隊規模)でしたが、戦闘が激化し戦線が広範囲に広がると軍属以外の民間人医師も多数受け入れるようになりました

 この集団は通常1個の集団を三分割した「隊」(小隊規模)として行動し、軍の兵站総監部に直属しました

あなたも好きかも:女神さま パチスロ
但し普第25師団(ヘッセン大公国)とバーデン師団のそれは規模が小さく、バイエルン軍では同等任務の集団が野戦本病院で勤務しており、ヴュルテンベルク師団には組織として存在しません

 予備衛生集団の任務は、野戦病院から後送された患者の受け入れ・治療と野戦病院が前進し去った土地での衛生勤務、そして兵站病院や戦時常設病院への患者引継ぎを行う、言わば兵站縦列における「補助縦列」にあたる「繋ぎ役」でしたが、戦域拡大に伴い兵站病院や戦時常設病院の新設とその勤務も行うようになって行きました

 彼らの活動記録としては、マース軍の例が公式戦史にあり、それによれば「総計37,866名の傷病者(うち28,836名は移動可能な者)を救護し、うち野戦病院から後送された患者をパリ包囲網北東方のミトリー(=モリー)及びゴネスで引き受け、ここでは9,192名を救護した」とあります

 独軍の野戦病院と予備衛生集団は戦争中500ヶ所前後に及ぶ軍病院を設置し、その野戦病院で治療した傷病者の総計は295,644名に達しました

会戦最中の衛生隊 「兵站病院」は野戦軍の背後、後方連絡線や占領地で勤務する軍人・軍属の傷病治療に当たるだけでなく、野戦病院から搬送された傷病兵を後方へ送る拠点ともなる重要な施設でした

しかし患者の後送を鉄道によって行えない場合、兵站病院は陸送を準備するため患者をある期間入院させる必要が生じるため、その労苦は倍化するのでした

 仮講和条約が発効した頃(71年2月初旬)、独第二、第三両軍が開設していた野戦病院は患者を全て後送し終え、その大部分が業務を停止し患者の受け入れを終えていましたが、その撤収は3月下旬まで留保されます