カードカウンティング ブラックジャック

カードカウンティング ブラックジャック

「そうなんだよ

もともとシュレインがその錫杖を使い込んでいたというのも大きいけれどね」「なるほどじゃ

そういうものなのかの」 考助の説明に、ようやくシュレインも納得の表情になった

あなたも好きかも:ドラクエ11 ジャックポット ルーレット 3ds
 ところが、その考助の説明にまだ納得のいっていない者が、ふたりほどいた

「そういうもの、なわけがないだろう?」「そうですね

先ほどから、というよりも、シュレインが錫杖に触れてからは特に、僅かですが敵意のようなものを感じるようになりましたわよ?」 呆れたような顔になってそう言ったフローリアとシルヴィアに、シュレインが驚きの顔になった

「なんじゃと!?」 シュレインは、そんなものをまったく感じていなかったので、ふたりの言葉が意外だったのだ

 シュレインからにらまれた考助は、ついと視線をずらしてから、「ああ、うん

あなたも好きかも:西明石駅 付近 パチンコ
それは仕方ない

その錫杖、完全にシュレインのものになってしまったから」 以前からシュレイン専用として作られたのだが、今回の改造でシュレイン以外には敵意のようなものを向ける仕様になっていた

あなたも好きかも:養老 パチンコ
 さすがに作成者である考助には、それを向けることはないのだが、シルヴィアとフローリアにはばっちりと感じ取れていたようだ

「私たちは、多少の耐性がありますから大丈夫ですが、あまり表に出すのは好ましくないですよ?」「だな

どうすれば抑えられるのだ?」 女神の加護を持っているシルヴィアとフローリアにとっては、いまの錫杖が放っている敵意くらいは大した圧力には感じない

 だが、そうでない者たちにとっては、あまり良い影響は与えないだろう

 シルヴィアとフローリアの言葉に、シュレインが若干慌てた様子で考助に詰め寄った

「ど、どうすればいいのじゃ?」 すでに錫杖はシュレインが儀式を行う上で、手放せない物になっている

 ヴァンパイアの前で儀式を行うことも多々あるために、人前で出せないとなると困ったことになる

「いや、別に難しく考えることはないよ