バンドルカード 招待

バンドルカード 招待

司るものも、そちらの破壊活動は必要ないしね

まぁ、ソフィみたいに恋に破れると消えてしまうという理の子がいるから、一概に誰も傷付けていないとは言わないけれど…」「……え?」「ん?………あ、しまった」ノアは慌てて取り成そうとしたが、ネアの眼差しは流氷のように冷やかになるばかりだ

ぴたりと黙って氷のような眼差しを向けているネアに、ノアは額に手をあてて天井を仰いだ

「妖精や人魚の一部には、恋が成就しなければ、風や水の泡になって消えてしまうという運命を持っている種族がいるんだ

それは特別に珍しいことではないし、彼女達がその運命を知った上でも危うい恋をするのも有名な話だよ」「でも、消えてしまうというのは、死んでしまうということと変わりないですよね?」「ネイ、そんな悲しい顔をしないで」「ノアさんはもっと悲しい顔をするべきです!あまつさえ、最後のところで余所見していましたよね?」「別れるかどうかの選択は、やはり僕とソフィの問題だからね」「ふわっとした言葉で着地させましたが、私の評価としては屑の称号を差し上げます」容赦ない裁定を下したネアだったが、ノアはおやっと首を傾げる

「でも、ネイは僕のこと嫌いかい?」「私はソフィさんのことを知りません

客観的に見て、ノアさんが屑めだという評価は変わりませんが、だからといって別にあなたが嫌いという訳でもありませんよ」「じゃあ、恋人に…」「絶対に嫌です

………おや、どなたか来ました?……ふぁっ?!」真夜中もいい時間だったが、不意にお店の扉ががちゃりと開いた

そちらを向こうとしたネアは、前置きなく毛布のようなものを頭から被せられる

あなたも好きかも:ユニバーサル パチスロ 新台
慌てて取り払おうとしたところで、毛布ごと誰かに抱き上げられ、毛布ごしの耳元で囁かれた

「ごめん

あなたも好きかも:東栄町 パチンコ
ネイ、逃げるよ」「え………」「ノアベルト貴様、ソフィを裏切ったというのは本当か!」毛布ごしに聞こえてきた第三者の尋常ではない怒りの声に、ネアは暴れるのをやめて石になる

あなたも好きかも:パチンコ 白河雪
壮年の男性の声であり、ずしずしという足音の重さを考えれば体も大きそうだ

「わーお、ムル、すごい恰好だね

ソフィとは別れたばかりだよ

因みに、もう耐えられないと切り出したのは、ソフィの方だからね」「お前は、ソフィが黄水仙の妖精だと知った上で、彼女を捨てたのか?」「いや、だから…………、ムル、もしかしてその手に持ってるのは斧かな?」「おまけにその手に抱えているのは女だろう

ソフィが風に溶けたその日の内に、他の女を連れ込んだのか……

やはり、出会った時に殺しておけば良かったな