偽 物語 スロット ステージ

偽 物語 スロット ステージ

たったひとりで十三騎士率いる騎士団に当たろうというのは、黒き矛のセツナをもってしても無謀すぎたことはいうまでもない

あなたも好きかも:パチンコ スーパーロボット大戦 デジハネ
ある程度の数ならば凌げるとはいっても、永遠に捌き切れるわけではない

いずれ力尽き、殺された可能性だって大いにあるのだ

あのときは、シドのおかげで命を奪われるようなことこそなかったが、シドにその気がなければ殺されていてもなんら不思議ではない

あなたも好きかも:三軒茶屋 パチンコ 白鳥
十三騎士団は、不殺の集団ではない

目的のためならば敵対者を殺すことに躊躇いはないのだ

 いま、こうして生きていられるのは、あのとき、シドがセツナに救いの手を差し伸べてくれたからにほかならない

そのことについての感謝をセツナはついぞシドにする機会を得ることはできないままだった

話す機会はあったのだが

「……もう、しないさ」「本当に?」「ああ」 うなずく

 胸が痛むのは、裏切ることになるかもしれないという想いがどこかにあるからだ

(約束は、護るものだろう?) 自問する

あなたも好きかも:パチンコ 経営者リスト
 約束したのであれば、守らなくてはならない

「あんな無茶を二度としないって約束してくれるのなら、まあ……」「約束するさ」 マリアが渋々といった様子で出してきた提案に、セツナは、迷いなくうなずいた

彼女たちの想いを知れば、いやでも提案を受けざるを得ない

 サントレアの殿は、だれかがやらなくてはならないことだった