バカラ シャンパングラス ペア

バカラ シャンパングラス ペア

メッス南西市街地)地区の西部、モーゼル河畔にも若干の野営が発見されるのでした

 13日、独第二軍の右翼はこれら騎兵部隊が作ったいわゆる「騎幕」の後背地に進出し、第3軍団はベシーからリュピー(アン=シュル=ニエの西4~6キロ)へ、第9軍団はエルニー(アン=シュル=ニエの東2キロ)を先頭にその東側マニーへ、第12軍団はティクール(アン=シュル=ニエの東9キロ)付近へ、それぞれ行軍しました

この3個軍団は、第一軍の戦線に戦闘が発生したならば直ちに北へ救援進撃することを命じられます

あなたも好きかも:パチンコ 北上 ユニオン
 後方では第2軍団が全て軍用列車から下車して、そのうち3個旅団がこの日サン=タヴォルへ到着しました

なお、第二軍本営はデルム(シャトー=サラン北西11キロ)まで前進しています

 同じく13日、独第一軍は12日午後に大本営から受けた命令に従い、全部隊がニエ・フランセーズ川に向け前進を始めました

第1と第7の2軍団は接近した形でニエ・フランセーズ川東岸へ前進し、その後ろ、ニエ・アルマンド川西岸に予備として第8軍団が続きます

あなたも好きかも:品川 スロット ハリウッド
 その両翼前方に騎兵師団が進み、騎兵第3師団は右翼北へ、騎兵第1師団は左翼南へ前進しました

 騎兵第1師団は13日早朝、前夜宿営したポン=ア=ショシーとクールセル=ショシーから南西へ行軍し、まずはパンジュ部落に達します

するとここで第3軍団のブランデンブルク竜騎兵2個連隊(既述)と遭遇しました

元よりこの竜騎兵たちは第一軍が前進して来たら陣地を明け渡し原隊に復帰する予定でしたので、騎兵連隊長たちは騎兵第1師団長のユリウス・ハーツゥング・フリードリヒ・フォン・ハルトマン中将と引継ぎをしますが、ここでハルトマン将軍は竜騎兵がニエ・フランセーズ川の西岸で敵騎兵斥候と接触したことを知るのです

将軍は直ちに麾下の槍騎兵第8「オストプロイセン」連隊に川を渡河させて前進させました

 槍騎兵連隊は西岸で仏軍猟騎兵数個中隊と遭遇しますが、敵騎兵はどれも戦わず直ぐに離れて北西のコリニー方面へ逃走しました

 騎兵第1師団は槍騎兵第8連隊に続いて渡河し、ヴィレ=ラクネイーからクールセル=シュル=ニエを通過しメクルーヴ(クールセル=シュル=ニエ南西4キロ)に到着、この周辺にまだ展開していた騎兵第6師団の前哨と任務を交代しました

ハルトマン師団長は槍騎兵第4「ポンメルン第1」連隊に命じて、騎兵第6師団斥候が目撃したというジュリーやペルトル方面へ前進させます

この槍騎兵連隊の先頭中隊である第2中隊は、ジェリー部落手前で鉄道堤の陰に潜んでいた仏軍散兵から猛烈な銃撃を浴びて後退しました

また、メクレーヴから街道を挟んだシニー(メクレーヴ北西2.5キロ)やその西の森林にも仏兵が散見され、ジェリー北のメルシー=レ=メッスにある野営からは仏軍騎兵部隊が出撃するのが目撃されたため、普槍騎兵第4連隊は前哨をジュリー南東の鉄道を臨むフロンティニーに置くと、本隊は徐々にメクレーヴまで後退し、およそ6個中隊と見積もられた仏軍騎兵隊も、ジュリーの鉄道線路で停止するのが認められたのでした

 なお、先発していた槍騎兵第8連隊はヴィレ=ラクネイーから召喚され、この日の午後師団本隊の南側、ポントア周辺に野営したのでした

 その頃、騎兵第1師団に続行した第7軍団はニエ・フランセーズ川河畔に到着し、麾下部隊でスピシュランの「勝者」第14師団はドマンジュヴィル(パンジュ南南西2キロ)に到達し、前衛として第53「ヴェストファーレン第5」連隊フュージリア大隊を西2キロのクールセル=シュル=ニエへ進ませ、大隊は同地の停車場やニエ・フランセーズ川の渡河点を占領しました