戦国恋姫 パチンコ 続編

戦国恋姫 パチンコ 続編

後、さっきの弓花からのメールなんですけど

ムータンの戦闘準備は整っているらしいです

場合によってはミンシアナ王国軍と連携して動く用意があるそうで」 先ほどの弓花からのメールの主題は、そもそもそちらであった

「そうですか

ムータンは酒場に常時50名はいるはずですが、街全体のメンバーは500名ほどと数は多い

あなたも好きかも:スキージャンプペア2 パチンコ
それらが味方になるというのであれば、心強いですね」 領主がそう言って頷く

あなたも好きかも:パチンコ 広告規制 緩和
なお、街の外まで含めるとアウターファミリー統括のジェイコブの配下がすべて数に入るため、人数はさらに倍増どころか十倍以上に膨れ上がる

「よく知ってますね」「街にあれだけの武装集団がいるのでは、監視せざるを得ませんから」 領主の言葉はもっともなものだった

 何しろ今回の状況で内部から動かれては間違いなくゴルディオスの街は崩壊するほどの勢力だ

その上に、ムータンへは手を出さぬように、と領主は女王から直々に指示を受けている

あなたも好きかも:ゲーセン パチンコ 仕組み
「それで姉貴の話だとひとまずはルネイさんをギルドに戻して攻勢に出たいってことなんですけど」「今、冒険者ギルドはソルダード王国軍に占拠されていますからね

ルネイ殿は奥方も多いことですし、事務所の安全確保は取っておきたいところでしょう

分かりました

それでは、カザネ様からの連絡があり次第行動開始といたしましょう」 そう言って領主が弱々しい普段とは違う、不敵な笑みを浮かべていた

 このゴルディオスの街の領主は、元々対ソルダード王国の防波堤として街を任されていた人物なのだ

 街のゴタゴタの後始末などは性に合ってない上に、最近では上からの圧力により様々なストレスを抱えていたのだが、本来は戦いの指揮を取る方に特化した人物であった

「それでは、ルネイ殿とユミカさんと連携を取り、軍と冒険者とアウターの三面で連中を追い出すために動くとしましょう」 そう宣言した領主の表情は、風音に振り回されているときとは全く違う、実に生き生きとしたものだった

 そして、街中の戦士たちが今か今かと動き出すときを待つこととなる

 一方で風音とルネイは、今まさに冒険者ギルド事務所を強襲すべく動き出していた