ff14 ルーレット 討伐

ff14 ルーレット 討伐

「とりあえず、ボクが毛布を魔法で増やしてくるっス」 元の世界ではあり得ないような解決が取れるのが救いだ

 なんだかんだ言って複製の魔法は便利だ

 諸侯が提供してくれた物に毛布があったので、それを魔法で増やし人々に配る

あなたも好きかも:静岡 中原 パチンコ
 水はウンディーネに頼めばいいし、その水をサラマンダーに温めてもらえばお湯になる

 料理だってそう

あなたも好きかも:ネイバーベット
 せっかくだから温かい料理を提供することにした

 行列に参加していた帝国の料理人も協力してくれる

 知らない料理のオンパレードだ

 オレ達も負けてなるものかと、対抗意識を燃やした

 そして全員に、ラーメンを食べてもらうことにした

 軽い気持ちでラーメンを選んだのだが、やたらと大変だった

あなたも好きかも:ゲッター パチスロ
 麺がのびてしまわないように料理方法を工夫した

 さらに、人数分のお椀とフォークを用意し、どうやって全員に行き渡らせるのかを考えた

「あらかじめ軽く茹でた麺と、そして具材を器によそおっておきましょう」「そうか! そこに熱いスープを加えればいい」「麺はのびないというわけですな

さすがは大魔法使い様! 料理の知見も並ではない!」「世界樹の葉は、刻み、そして軽く炒めてはどうか?」「それはいいですね

熱が入らないと苦みがありますし、世界樹の葉」「おいら達が、台車に載せる棚を作ります」「うん

ピッキーにトッキー、お願い」 料理人の皆さんと一緒に考え、準備した

 ピッキーやトッキーは、ラーメンを運ぶため専用の道具を作ってくれた

 このためだけに、一行の参加者についてリストを精査した