ひぐらし パチンコ 赤坂

ひぐらし パチンコ 赤坂

あなたも好きかも:パチスロ 野球
 食事を取るために、寝台の上に身を起こそうとした時だった

 カーリンの背に腕を回し、抱き起こしたのはダニルで、その背に枕を挟み、角度を整えてやり、そっと横たわらせて……

 驚いた表情のカーリンの、額に張り付いていた髪を、指で撫でるようにして、整えて……

「……角度、辛くないか」「う、うん……大丈夫……」 交わされた言葉は、短かったけれど

 それでもカーリンが、驚いた反応をしているということは、ダニルは今のカーリンにとって、それだけ遠い存在になっていたということ

あなたも好きかも:wiki パチンコ
 それをダニルが、自らの意思で、踏み越えたということだと、理解できた……

 サヤが、潤んだ瞳を俺に向けてきて、俺も頷いて、そっと部屋の入り口へ

あなたも好きかも:ひぐらし ハマりすぎ スロット
「私たちも、食べてきますね

 何かあったら、呼んでください」 今はとりあえず二人にしてあげよう

 まだぎこちないけれど、今必要なのは、二人の時間だと思う

 ◆ 雨が降り出してから、もうとっくに二時間を経過している……

 けれど、雨脚は弱まることを知らず、いまだに窓の外は、隣家も見えないような雨に視界を閉ざされていた

 ジェイドが二時間待てと言った、その時間までもう少し……

 カーリンは、少し距離の縮まったダニルの介添えで足湯をして、気持ちが落ち着いたのか、多少表情も柔らかくなったように思う

 そうして現在、滲み出てくる羊水を受け止めるための手拭いを、寝台に敷き直していた

「……っ」「カーリン?」 少し顔を顰めたカーリンに、ダニルはすぐに気が付いた

「あ、なんでもない

お腹が重いなって、思っただけだから……」 そう言ったカーリンが、厠に行っておきたいんだけど……と、遠慮がちに口にして、ちらりとサヤを見る