ゼット スロット

ゼット スロット

あなたも好きかも:ブラックジャック 記憶喪失 裁判官
「……おっと、流石のヴァンパイアでも壁に潰されたら死ぬのか……? この様子だと全身の骨、内臓、脳……全てがグチャグチャになっちまったか……」 その壁から滴《したた》る血液や肉片を眺め、勝利を確信したように呟くラムル

あなたも好きかも:スロット スマホ見ながら
 事実壁からは音沙汰無く、シーンと静まり返っている

「……と……えーと……確か参加者を殺害するのは駄目だったが妨害工作員は殺しても問題なかったっけ?」 その壁を眺めながら腕を組み、首を傾げて考えるラムル

 それによって自分が失格になればルール違反としてアスワドも失格になってしまうからだ

 詳しいルールを思い出そうと頭を抱えるラムルは、「確か……細かいルールブックだと妨害工作員を殺しても失格だったぞ?」「へー

…………あ? ────……ガッ!?」 ──次の刹那、エマによって吹き飛ばされた

「まあ、私は死んでいないからな

貴様も幹部殿も失格にはなりゃせんよ……感謝するんだな」 ラムルを殴り飛ばしたエマは、少しだけ再生が早かった方の拳を使ったようだ

あなたも好きかも:p機 パチンコ
 身体中からグチグチと肉と肉が繋がる音を発し、壁にくっ付いている肉片や血液がエマの身体に戻っていく

 その肉体から見えるエマの肌よりも白い物はエマの骨だろう

 腹部には胃や腸といった内臓が見えている状態であり、傘は差しているが服を着ていなかった

「ま、まさか……自分の身体を粉微塵にして脱出したのか……!?」 その様子を見ているラムルは驚愕し、エマがどうやって壁から抜け出したのかを推測する

 そして、それによってエマの服が脱げたのだろう