兵庫県 パチスロ イベント

兵庫県 パチスロ イベント

彼らだって、特訓のために何度か管理層に来ているだろう?」 数えるほどでしかないが、シュレインから教えを乞うために『烈火の狼』のメンバーは、管理層に来ていた

 当然そのときにも考助と会っていて、それなりに付き合いはあるのだ

 考助の性格がどういうものなのか、特に隠してはいなかったので、分かり切っているはずだというのが考助の考えだった

 だが、そんな考助に対してリクが首を左右に振った

「いや、父上

それは甘い

神としてのフィルターがかかった状態で見ているのだから、全てプラス方向に考えられていたはずだ」 さらに付け加えれば、考助と会ったあとにそのときの話題が出てフィルターがかかった状態の話をしていても、リクが敢えて訂正しなかったので、余計に誤解(?)が進んでいたのだ

 それが、今回のサラサからの話ですべてが吹っ飛んでしまった

 その上で今の考助とシュレインの会話だったので、カーリたちの脳内は混乱の極みにあるといったところなのだ

「・・・・・・それって、僕のせいだけじゃなくて、リクのせいでもあるよね? というか、僕はほとんど悪くないんじゃない?」 考助は、少なくとも管理層にいるときは、猫をかぶったような性格で対応をしたことは一度もない

あなたも好きかも:バイト 面接 パチンコ
 現人神フィルターがかかったまま誤解が進んでいたのは、それを訂正しなかったリクのせいだと言ってもいいだろう

あなたも好きかも:パチスロ サムライスピリッツ 剣豪八番勝負
「いや、そう、なのか?」 首をかしげている考助に、リクも同じように首を傾げた

 お互いに首を傾げ合っているふたりを見て、シュレインが呆れたような表情になった

あなたも好きかも:ブックオフ パチンコ
「どっちもどっちじゃろ? そんなことよりも、リクは今のうちにフォローしたほうがいいのではないかの?」「あ、やべ」 シュレインの助言に、リクが慌てて仲間たちの元へと近付いて行く

 それを見ながら考助がポツリと呟いた

「・・・・・・下手をすれば、自分も仲間入りということには気づいていないんだろうなあ」「まあ、それは、そのときになってみないと分からないじゃろ