スロット マーク モンハンライズ

スロット マーク モンハンライズ

……そこには、当然のように目ぼしいものは何もなかった

鉄筋が上に向かって伸びているだけである

「ただの設計ミスか……」にゃからんてぃがため息を吐くとセイがさらに右ストレートやキックを撃ち込んで穴を広げていく

完全に中身が見えるようになっても、特に何も入ってなかった

セイはつまらなそうな顔をして「おいーミイはどこ行ったんだー?閉じ込められてるんじゃないのかー?」「いや、居なければ、そりゃいない方が良いわ

あなたも好きかも:1999 年 スロット
 あいつも幽霊としてここに居たら、俺は発狂するかもしれんし」恐怖の二重奏はもう止めて欲しい

あなたも好きかも:神田 スロット専門店
声だけで十分である

というか誰も美射のことを心配していないのはあの生命力の塊を心配するだけ損だということが身に染みているからだろう

「いや、でもあいつ、いま山根家の居るはずだよな?」真面目な顔して腕を組んでいるにゃからんてぃに尋ねると「……反物質界であるこちらと 共鳴粒子で造られた閉鎖空間の向こうの時間の流れが 同じかどうかは分からないな……」「……ナーニャのことが心配になってきたな……」「そうだなーつまらんなー

ミイが閉じ込められてないしなー」「だから、閉じ込められてない方が良いって

 何であいつの声がしてるか知らんけど、自分で何とかするだろ……」そう言いながらにゃからんてぃの顔を見ると「……うむ、そうだな

あなたも好きかも:オーシャン スロット専門
 私としては、ここが最大の思念が収束している特異点だと睨んでいたのだがな

 結局、最初の物置部屋が最大だったな」「いや、一旦引いて、今日見た七不思議を分析してくれよ」「……そうだな

行こうかセイさん」「うむーセイ様は、ミイの遺体がこの中から出てくるくらい 軽く期待していたんだけどなー」「いや、出てこなくて本当によかったわ」もう充分悲惨なものを見た

さらにあいつが追加されたら、俺が悲惨の極みになってしまう

ナーニャから見つけてもらおうと俺たちは黄金の炎を纏って校庭の中心へと再び歩いて行った

二十分ほど黄金の炎を点滅させたりして待っていたが、ナーニャは来なかった

セイがだれた顔で黄金の炎を消して「……来ないなー……」「エロいものを探してるんじゃないか……ナーニャが変なものを持ってきたら お前が責任とれよ……」「ふん

ゲシウムという惑星を手中に収め 時間停止する力などを持ったスーパーセイ様に取れない責任などない