杉浦幸 パチンコ

杉浦幸 パチンコ

 柔らかく、添えるか添えないかくらいの力で

 彼は上着を踏みしめ、ゆっくりとこちらへ渡ってくる

 私の手を握り、私と目を合わせ、私の元へとやってくる

「ありがとう」 私から言うのは、その一言

あなたも好きかも:ゴッドイーター アニメーション スロット ゾーン
 彼は何も言わない

 少しはにかんで、床に張り付いた上着を剥がすだけで

 例えそれが自分の物でも、責任は彼にない

 それでも彼は上着を剥がし、ゴミとして片付けようとする

 変わったようで変わらない彼の姿

 それに思わず胸が熱くなる

あなたも好きかも:パチスロ 状況
「木之本君

あれは、剥がれないの?」「強力な接着剤みたいだからね

薬品を使って剥がすだけなら簡単だけど、結局上着はぼろぼろになるよ」「そう」 これ以上は何も言えず、強引に上着を引きちぎったショウの背中を見つめる

 ずっと彼が着続けていた上着

 お父さんから譲られた品だったと聞いたような気もする

 それをなんのためらいも無く、私達を通すために犠牲にする

 本当に、私は彼に掛ける言葉が無い