パチンコ keiz cm

パチンコ keiz cm

俺と娘はずっと薄い闘気に守られているので気にならなかったが、どうやら地下世界の夜間の時間帯に入ったらしい

酸素が薄くなる時間である

前回、この地下世界に来たときは途中から快適な空中マンションで寝起きしていたので気にならなかったが、外は厳然たる昼夜の違いがあるのを忘れていた

美射もまったく頭になかったらしい

あなたも好きかも:パチンコ ボーダー計算式
すばやく娘と岩場を駆け下りて近くの林に入り込み、人けの無いのを確認しながらお互いのリュックの中で何か使えそうなものが無いかひっくり返して確認する

「ないな……」「ないね……」当然だが、着替えと食料品しか入っていない

あなたも好きかも:爆 サイ 青森 パチンコ
タオルの上に寝かせた小さな美射は泡を吹いて、白目を剥きすでに気絶している

こいつなら、もし物理体が死んでもどうせ、精神体で抜け出られるし場合によっては、俺の精神世界に精神体を避難させるなどと色々と方策は取れるのでほっといても良いような気がするがそれもまた煩わしさが増して、めんどくさいなと考えて居ると「えっとねーお父しゃんの闘気を 美射先生にも伝わらせればいいと思うの」と娘が真剣な顔で難しいことを言ってきた

「……できると思うか?」そんなこと、今まで一度もやったことが無い

「お父しゃんならできるよ!」と娘は俺の手を強く握って頷くとすばやく二つのリュックの中へと出したものを詰め始める

あなたも好きかも:3月3日 イベント パチンコ
あとは任せたということらしい

少し苦笑いしてから、美射を再び胸元に入れ両目を閉じて、立ちあがり身体に触れている美射も含めて自分であると強く思いながら集中していると「……ぶはっ……お、おお……息ができる」気絶していた美射が息を吹き返した

「お父しゃん!さすがだね!」ナーニャはニッコリ笑って、詰込みを続行して俺もすばやくそれを手伝い、再び二人でリュックを背負い棍棒と長箒を身体とリュックの間に差し込んで美射の指示のもと、南へと直線で進み始める

さらに進み続けて、時には深い谷の間を宙を駆けながら渡り荒野の岩場の窪みで、娘と並んで休憩する

二人とも、かなり速度でもう十時間ほど休みなしで走り続けているので数百キロは進んでいるはずである

娘も俺も疲労はまったくないが精神的にはかなり気を使って進んできたので少し休憩が必要である