999 パチンコ

999 パチンコ

 だけど、そう出来ない時がある

 してはいけないと分かっている時には

「もう、秋ね」 小さなささやきは風に乗り、澄んだ青空へと吸い込まれて行った

 どこまでも続く、高い青い空へ

あなたも好きかも:バルタン星人 スロット
 冷たい風はいつまでも、彼女の髪を揺らし続けた

7-2 あれから数日経ったけど、例の女の子からの連絡は無い

 こちらも連絡はとっていなく、どうやらあれっきりで終わったらしい

  少し気になっていただけに、拍子抜けした気分ではある

あなたも好きかも:ブレイブリーデフォルト スロット
 勿論、揉めるよりはいいんだけど

「……済みません」 ノックと共に、可愛らしい声が聞かれる

「開いてます」  報告書から顔を上げて声を掛けると、オフィスのドアが開いた

 そして一人の可愛らしい女の子が、愛くるしい笑みを携えて入って来る

「ケイ君いますか?」 あの子をそう呼ぶのは、そう何人もいない