植木 パチンコ店

植木 パチンコ店

 だから感情に乏しい書き手にも書きやすい主人公になるのです

 主人公だけであればまだいいほうです

 登場する人物がすべて感情に乏しい作品も存在します

 すべての人物の感情が乏しい作品は、読み手を惹きつける魅力に欠けるのです

あなたも好きかも:読売ランド パチンコ バイト
 これはかく言う私の作品だったりします

これではダメなのです

あなたも好きかも:スロット アラジン 天井 期待値
 いくら「タイトル」、「キーワード」「タグ」、「あらすじ」「キャプション」に凝って読み手を煽れていても、登場人物の感情が乏しければすぐに醒められてしまいます

 読み手に熱中して読んでもらいたいのなら、登場人物の感情を豊かにしてください

 そのためには書き手自身が感情豊かでなければなりません

 感情に乏しい書き手の書く小説には、感情に乏しい人物しか登場しないのです

あなたも好きかも:羽曳野 パチンコ 閉店
 感情は「喜怒哀楽」と表現されますが、いずれかが欠けても魅力的な小説は書けません

 人生経験の少ない書き手の作品は、登場人物の人となりの幅が狭いという特徴が見て取れます

 少なくとも主人公は感情が豊かでなければなりません

 感情の乏しい読み手は、感情を揺り動かされるような主人公に魅力を感じます

 主人公の激情を読むと、感情の乏しい読み手も激情を覚えるからです

 主人公の好きなものを読み手も好きになり、主人公の嫌うものを読み手も嫌う

 そうです

感情は「同調(シンクロ)」するのです

 だから主人公の感情の動きが読み手を惹きつけます