ニュートーキョー パチンコ 閉店

ニュートーキョー パチンコ 閉店

かわいく撮れたー」「あらホント

いいじゃない

このキョト、っとした感じなんか

ウケそう」「だ、だめ!! 消して!! 早く削除して!!」「やだよーん

かのんの秘密画像にするんだーっ」 顔を真っ赤にして屈辱に耐える優樹を見て、華音は「うふふーっ」と嬉しそうに笑っていたが、「……あっ」と思い出して携帯電話メールを打ち出した

あなたも好きかも:東戸塚 優良 スロット
「流に送ってみよーっと」「やめてぇ!!」「うるさいうるさい」 ズボンを履いていない事も忘れて優樹は慌てて華音に飛び掛かるが、華音は「ヒョイ」と高く携帯電話を上げて操作した

「や、やめて!! 送らないで!!」「うふふっ

流、どんな反応するかなーっ?」「だ、だめ!!」「そー……しんっ」 ピッ、とボタンを押す指が見えて、優樹は「うっ……」と力無くそこに座り込んだ

「……な、なんてことっ……」「さぁっ、流から連絡来るかなっ? 来るかなっっ?」「来ないよっ!!」「ぜーったい来るよ~? うふふっ」 嫌らしく笑う華音を睨み付けると、その手に握られているズボンを引っ張って奪い取り、「んしょんしょっ」とすぐに履く

……と、それから数分後、華音の携帯電話が鳴って、「来た来たー!」と電話に出た

あなたも好きかも:パチンコ エナジー
「はいはーいっ

あなたも好きかも:パチンコ サミット 大分県
かのんちゃんでーすっ」 元気のいい返事に「……や、やめて……」と優樹は顔を赤くして頭を抱え込む

「あ、届いたーっ? かーわいいでしょー? ……え? 気になるぅー? うふふー」「華音、あんまり挑発するんじゃないわよ」 生美が雑誌のページを捲りながらも苦笑して注意する

「優樹? あー、今ねー、何も着てないよー

脱がしたからー」「着てる!!」「優樹は今晩、かのんのものになるのー