パチンコ 大量 出 玉

パチンコ 大量 出 玉

「お友達かな? よくわかんないけど」「……、友達……」 相川は複雑そうに眉を寄せるが、彼に構うことなく優樹は華音に目を戻した

「小西さんって、どんな人?」「んー、とねぇ

普通ぅ」 歩き保って視線を上に向けて考え呟かれ、優樹はキョトンとした

「普通?」「うん

普通にぃ、頭良くてぇ、顔も良くてぇ、サッカー部のキャプテンだしぃ、女子にモテててぇ、でも悪い気しない普通の男子ぃ」「すっげぇ嫌なヤツだ

あなたも好きかも:長岡 パチンコ 駅前
一平の何万倍も嫌なヤツだ」と、相川は頬を膨らませ、苦笑する優樹を覗き込んだ

「先輩っ、そんなヤツにもう近付いちゃ駄目ですよっ、絶対!」 真顔で止められ、近い距離に背中を仰け反らせながら優樹は顔をしかめた

あなたも好きかも:キコーナ 吹田駅前 スロット
「近付いちゃ、って……

別に近付いてなんか……」「もう会っちゃ駄目ッスよっ

何考えてるかわかんないですからねっ!」「……んー……普通だと思うけど」 ――何をむきになっているのかわからない

そんな怪訝さで尚首を傾げていると、華音が「あっ」と声を漏らした

「ごめぇーん

かのん、ちょっとお手洗いぃー」 口を尖らせてさっさと校舎内に進んでいく華音に、二人もおとなしくあとを追う

あなたも好きかも:パチスロ 獣王 王者の覚醒 ゾーン
校舎に入って廊下沿いにある女子トイレの前で待つ間、相川はメールの確認をする優樹をじっとりと見下ろした

「……先輩、わかってます?」 優樹が「ん?」と見上げると、相川はため息を吐いた

「だから、……小西ってヤツには近付かないようにっ」「……近付くなって言われても」 真顔で強く念を押され、優樹は困った顔で首を傾げた