シンフォギア パチンコ 手紙即開封

シンフォギア パチンコ 手紙即開封

実兄とはいえ、ラインス=アンスリウスに担がれることを認めてしまっていたことが、レオンガンド派と反レオンガンド派の対立を煽ることとなったのは疑いようのない事実であり、そういう政治的な鈍さがグレイシアにはあるのだ

レオンガンドが憂慮するのは、そういった政治的な鈍感さを見抜かれ、グレイシアが政治利用されることなのだろう

あなたも好きかも:パチンコ ブルーハーツ
「それそのものは悪いことではない

母上の愛情は、純粋だ

あなたも好きかも:近鉄八尾 ぱちんこ
そこに他意はなく、悪意もない

母上と触れ合ったことでガンディアへの忠誠を誓うようになったものもいる

母上の愛情が上手く働けば、そのようなことだった起こりうるのだ

しかし、必ずしもそういう相手ばかりではない

中には、そんな母上の純粋さを悪用しようというものがいる」 それがだれとは、いわなかった

きっとラインス=アンスリウスを始めとする、太后派と名乗った反レオンガンドの一派に違いない

無論、それだけではないだろうが

「今後、ガンディアが版図を拡大する中で、母上が自由に振る舞い続ければ、そういった連中が現れるのは間違いない

あなたも好きかも:柏 パチンコ バイト
太后派の再結成など、笑い話にもならん」 彼の苦々しい表情は、太后派に頭を悩まされ続けてきたことを思い出したからなのかもしれない

太后グレイシアという神輿を担いだことで政治活動に大義を得た太后派は、レオンガンドたちにとってこの上なく嫌な存在だったのだ

太后派は、ラインス=アンスリウスらが死ぬまで、レオンガンドの足を引っ張り続けた

そんなものが再び結成されれば、レオンガンドには面白くない未来が待っているのは想像に難くない

「そこで、セツナ

君に頼みたいのだ」「なにを……でしょう?」「母上のことを、だよ」 レオンガンドの答えは、想定した通りのものだったが、しかし、それだけではよくわからなかった