ひぐらし パチンコ 延岡

ひぐらし パチンコ 延岡

「でも時間が経っても何もされないから、変だなって目を開けてみたら」 弓花はキッと睨んで人差し指で直樹を指して「こいつ、土下座してたんですよ!『お願いします

姉貴には黙っててください』って繰り返しながら!!」「ああ、そりゃあ百年の恋も覚めるわね」 ルイーズのあきれ顔に、その後ろでオーガンは大爆笑であった

「え、あのとき、ヤレてたの?」 弓花はその直樹の呟きに瞬間的に拳を放った

鉄拳制裁である

その拳の意味は「死ねばいいのに」であった

あなたも好きかも:パチンコ ゴッド
◎ジンソード酒場前 深夜 会話もそこそこに風音たちは全員が一度仮眠をとり、日を跨いだ夜中になってから目を覚まして準備を進めた

そして旅立つ用意ができると、一行は酒場の外に出た

「姉貴、これコエえよ」 そして出た途端に目に痣が出来た直樹が一言呟いた

あなたも好きかも:咲 パチンコ 249 保留
これとはすなわちヒポ丸くんのことである

あなたも好きかも:パチンコ 前日のデータ
「かっこいいじゃん」 そう風音は言うが、ヒポ丸くんのサイズは普通の馬よりも一回り大きい上に、そのボディに全身甲冑を着させているような厚みのある姿だ

その上、左右には球を半分にしたような奇妙な金属物と成竜クラスの巨大なドラゴンの角が設置されていて、額からはこれまた殺傷能力の高そうな角が突き立っていた

さらにその全身は漆黒に染められており、何より今は瞳の部分が光っていた