パチンコ 偽物語 甘 セグ

パチンコ 偽物語 甘 セグ

しかも膨らむ過程で姿勢が変わったり、微生物が分解などを行うたび熱を発生させる効果もある

その為死体を棺桶に入れた状態と異なり、なおかつ体温まであるとなると当時の人々はこの死体が生きているのではないかという錯覚に陥った

あなたも好きかも:パチスロ 女神
当時は医者が一度死亡判定をしたら仮にその人物が生きていたとしても『すでに死んでいる』という烙印を押され、生きている状態でもそのまま埋葬されるということもたびたび存在した

あなたも好きかも:浦和 ぱちんこ
所謂早すぎた埋葬というものである

当時流行したペストと呼ばれる疫病ではこれが多く行われた

未熟だったり若い医者がペスト医師としてこの死亡判定を行っていたためにより誤診率は高かったと言われている

しかも土を掘り起こして棺桶を取り上げてみると中から咀嚼音のようなものが聞こえてくるという証言もあった

あなたも好きかも:スロット pc ゲーム
これはメタンガスによって膨張した結果、体内にある肋骨などが折れた結果した音なのだが、当時の人間はそんなこと知る由もない

当時の人間達は夢に出てきたすでに死んだ者が何故か体温を持ち、何故か生前より太り、咀嚼音をさせ、なおかつ口から血を流しているところを見てこう思っただろう

この者は吸血鬼となり夜な夜な血を吸っていたのだと

そうして暫定吸血鬼となったものの心臓を杭で突き刺してみた結果、大量の血がガスと一緒に噴き出す

これは血を吸っていた証拠だと思い込む

さらには突き刺した瞬間にうめき声のようなものが聞こえたという記述もある

これは体内にあったメタンガスが突き刺した拍子に声帯を通って声のように聞こえたというのが原因だが、当時の人間はそんな医学的な根拠など知ることができるはずもない

体温を持ち、いつの間にか肥え、姿勢を変え、口から血を流し、心臓を突き穿つとうめき声をあげる

このような状況をいっぺんに与えられた当時の者たちがこの死体は吸血鬼だったと考えるのは自然な流れだったのかもしれない

特に当時は現代と異なり情報の伝達方法もほとんどなかった

大抵が旅人や商人からの言伝で伝えられる程度でしかなく、半分以上の人間が文盲であったという

その為にこの状況を説明できる知識もない