6のつく日 パチンコ 福岡

6のつく日 パチンコ 福岡

 特に、故郷からの友人であり、精霊使いの彼女が反応したのに驚く

彼女はギリアとは無縁の人間だったはずだ

「コンサティアも知っているのかい? もしかして、リーダは、ギリアではなく王都の貴族が所有する奴隷なのかな」「違う……違うんだよ」 酷く驚いた顔で私を見る

 どうしたのだろうか

あなたも好きかも:北斗のけん スロット 新台
 リーダというものは何か特別な人間なのであろうか

確かに語っていた時に、ただ者ではない感じがした

奴隷というにはあまりにも違う経験を、違う人生を生きていたようなものの目だった

あなたも好きかも:ポンツーン
 そして語る言葉は奴隷とは違う立場にいたことを指し示していたような感じられた

「だって、勇者様、あれだろ、呪い子ノアサリーナの……」「ルシド、そのリーダという人は、有名な呪い子ノアサリーナ、その筆頭奴隷なんだよ」「そうなのか」 私はもともと世事には疎い

 さらに、この軍に入り、勇者として仕事をするようになって全く世の中に目を向けなくなった

軍の動かし方、各国のパワーバランス、そのようなことばかりに目が向かう

それ以外のことには全く関心が持てなくなっていた

 そうか、皆が驚くほど、有名な人間だったのか

「ルシドはなんで、あのリーダのことを?」「都市ケルワテで、気晴らしをしただろ

その時に、話をした人間がリーダという男だったんだ

私は彼と話をすることで、本当の意味で救われたんだよ」「そうか、あのリーダが……」「彼の名前と出身は聞いたのだが、それ以上のことは分からなかったから、是非とももう一度話をしてみたくなってね

それで聞いてみたんだが、まずかったのかな?」「いや、まずいことなんかないよ」「へぇー

呪い子ノアサリーナは、ラングゲレイグが面倒見てるなんて話だったんだけどな